富士通 FMV フォトコンテスト

FUJITSU

  1. My Cloud >
  2. 富士通FMV フォトコンテスト >
  3. 写真編集の基本マスター!!

「Corel PaintShop PRO X8 for FUJITSU」で
写真ライフがさらに楽しく
写真編集の基本マスター!!
デジタル写真の表現の幅を広げてくれる、写真編集ソフト。多くの写真を管理し、明るさ調整やトリミングなど写真の新たな可能性が生まれます。

写真を管理

日々の撮影し増えていく画像データを、パソコンでわかりやすく整理、プレビューなどの編集機能を活用し、写真を手軽に管理しましょう!

撮影したデータをメディアに残したまま、パソコンにただコピーするだけだと、必要な時に欲しい写真が見つからないということになってしまいます。
そのためにも、「Corel PaintShop PRO X8 for FUJITSU」のような写真編集ソフトを使って、例えば、画像データを時系列に分けたり、行事ごとにしたり、手軽にさらに分かりやすく整理することができます。自分なりの管理術をマスターすれば、撮影の後の写真を”見る”楽しみも増えるはずです。
サムネイル上で選択した写真が大きく表示されます。 サムネイル上で選択した写真が大きく表示されます。
全てのサムネイルが均一でやや大きめに表示されます。 全てのサムネイルが均一でやや大きめに表示されます。
写真を調整 写真が暗くても、ホワイトバランスを間違えても、簡単な調整機能で補正ができます!さらにインスタントフイルム効果などを使って表現の幅を広げることも!
各スライダーの増減に対応してプレビューの画像も変化します。

STEP1 暗い写真を明るく! 明るさを調節

まずは画面上部の[調整]をクリックします。画面の調整パレットのスマート修整の“明るさ”などのスライダーを動かしながら、調整し写真を明るくします。
調整前
調整後
“色温度”とは光(光源)の色を数値で表したもで、例えば太陽光は5500K(ケルビン)。

STEP2 写真が全体的に赤い! ホワイトバランスの調整

ホワイトバランス(WB)は、白いものが白く写るようにする色の補正のことです。この設定を間違えて撮影した写真でも、調整パレットのホワイトバランスの“温度”と“ティント”のスライダーを動かし、色合いを調整します。
調整前
調整後
インスタント効果パレット(右上プレビュー画面)で事前に効果を確認できます。

STEP3 セピアや色鉛筆など、インスタント効果で写真のイメージを変える!

白黒、フィルムスタイル、ポートレート設定など約100種類のインスタント効果(フィルター)を好みにあわせて選ぶことができ、同じ写真でも様々なイメージでの表現が可能になります。
調整前
調整後
トリミング矩形内の点線は構図の三分割法の目安の線です。

STEP4 横位置写真を縦位置に! トリミングでがらりと印象を変える!

調整ワークスペースのトリミングツールを選択し、写真画像内の必要な領域を選択し、不要な部分を削除します。トリミング矩形は縦横比率を固定したり、回転させたりすることもできます。
調整前
調整後
※調整などをした写真画像は場合によっては、元の画像に上書きされてしまうことがありますので、
“名前を付けて保存”コマンドなどを使って、別ファイルとして保存して下さい。
写真編集ソフトを使うと、このような簡単な編集や調整だけでなく、RAW現像やレタッチなど、本格的な編集作業も行うことができます。それらの様々な機能を使いこなせば、あなたの写真ライフはさらに楽しいものになります。ぜひ一度お試しください!