ミニマルデザインでつけっ放しOKの活動量計『Misfit Ray』

2016年1月8日



ズボラな私でも、コレなら続けられるんじゃないかしら。
スタイリッシュ系の活動量計メーカーMisfitが、新型モデル『Misfit Ray(ミスフィットレイ)』を発表しましたよ。しかも、今回のモデルは腕時計やリストバンド型といった既存のカタチを飛び越えたミニマルデザインになって、服装やシーンを選ばず常に身につけていられるアイテムへと進化しているんです!

【詳細】他の写真はこちら



リストバンド、チョーカーなど変幻自在に装着できる

Misfit Rayのデザイン上の大きな特徴は、センサー部を手首に巻くだけでなく、首から下げたりと様々に装着できること。しかも円筒形のシンプルなデザインはどんなファッションにもマッチしますし、腕時計と同時に付けても違和感がありません。

 

 

半年持続する内蔵電池、防水も50mまでOKでつけっ放しも大丈夫

デザイン面の他にも、「ずーっとつけっ放しで大丈夫」と思わせてくれる工夫があります。例えば最大6ヶ月まで充電不要で動作してくれる電源や、水深50mまで耐える防水性能など。これらは、普段使いからハードなスポーツまで、安心して着用していられそうなスペックですよね。

また、日常の生活やフィットネスでの活動量を記録してくれるだけでなく、睡眠トラッカーやバイブレーションによる目覚まし機能も備えています。さらに設定によってはスマホや家電のコントロールにも利用でき、スマホカメラのシャッターを切ったり音楽の再生操作ができるなんて要素は、すでにスマートウォッチの領域に片足を突っ込んでいるとも言えるかも。

気になる日本市場への投入は2016年前半の予定で、予想価格は税抜きで1万2800円くらいになるとのこと。メカメカしいウェアラブル活動量計を敬遠していた人にもオススメできそうな、健康ジャンルでの注目アイテムです。

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト
製品ページ
Misfitによる日本語プレスリリース

DIGIMONO!

未来を変えるモノゴトぜんぶ [デジモノ!]

DIGIMONO!の記事一覧
img_06
06
thumbnail_l
null
01