このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. FMVキッズ >
  5. 「フィルタリング」はどうして必要?

子供をサポートする大人の方へ

今回のテーマ

「フィルタリング」はどうして必要?

画像:フィルタリングお子さんがインターネットでよく見ているホームページについて、親子で話をされたことはありますか? 話を聞くと、日常的に危険な掲示板サイトや、出会い系サイトを見ていたことを知り、驚くことも多いようです。

実際、出会い系サイトを利用した小学生が、大人に連れ出される事件は後を絶ちません。また最近では、掲示板サイトに脅迫状を書き込んだ小学生が、検挙される事件も起きています。自宅のパソコンから書き込みしていたことを両親は知らなかったそうです。

インターネットは多くの情報が得られて便利な反面、わいせつな写真や、犯罪をうながす表現を掲載する有害なページもあふれています。特に、情報の選択能力が十分に養われていない子どもの場合、無防備なまま悪影響を受けたり、犯罪に巻き込まれたりすることがあります。

2009年4月1日より「青少年インターネット環境整備法(青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律)」が施行されました。
これにより、保護者に対しても18歳未満の子どもに適切にインターネットを利用させる責務などが課されるようになりました。

内閣府ホームページ
インターネット利用環境整備

「フィルタリング」とは、悪質なサイトや有害な情報へ、パソコンや携帯電話からのアクセスをブロックする機能です。パソコンの場合、ソフトの導入やプロバイダのサービスに加入することで、利用できます。

フィルタリングには、見ても良いサイトと悪いサイトのリストをあらかじめ登録する方法やページ中の言葉や画像をプログラムで解析して、悪質なページを判断する方法などがあります。ただし、一律の方法で制限すると、役立つページまで見られなくなることがあります。ソフト会社によっては、多数のスタッフで実際にサイトをチェックして判断するなど、さまざまな工夫を行っています。また、ソフトやサービスによっては、学年に応じた設定などが細かく行えます。

フィルタリングを利用することで、多くの問題を回避できますが、インターネットには常に新しい危険が生まれていて、すべてに対処できるとは限りません。また、外出先でパソコンを操作する場合など、ソフトを利用できないこともあります。

フィルタリングで制限するだけでなく、一方ではインターネットを安全に利用するための知識を身につけることも必要です。この機会に親子で話し合ってみてはいかがでしょうか? そして、パソコンを使ってもいい時間や場所、見てもいいホームページなどについて、親子でルールを作ってはいかがでしょう。

FMVキッズアンケートにご協力ください


富士通キッズ:夢をかたちに