このページの本文へ移動

パソコンの動作が以前より遅くなったと感じたら ハードディスクの大掃除で処理速度の快適さを取り戻そう

掲載日:2007年12月12日
パソコン大掃除

最近、パソコンの動作が購入時より遅くなったように感じることはありませんか?実はそれは気のせいではありません。パソコンは使い続けているとさまざまな問題が起こりやすくなります。その原因の1つであるハードディスクを大掃除して以前の快適さを取り戻してみましょう。

パソコンが遅くなったと感じたら……

パソコンのハードディスクは、ファイルの読み書きや削除などを繰り返しているうちに、ファイルのデータがハードディスクに分散して保存されるようになります。これはファイルの断片化と呼ばれ、そのまま放置しているとパソコンの起動や動作が遅くなるだけでなく、ファイルが壊れたり、システムがフリーズしたり、アプリケーションがエラーを起こしやすくなったりと、パソコンの障害の元となります。

また、パソコンを使っていると使用者が知らないうちに不要なファイルがたまってきます。Internet Explorerの一時ファイルや長い間使っていない無駄なファイルなども、処理速度の低下の原因となります。

これらの問題を解消するために、Windows付属のメンテナンスツールや市販ツールで定期的にメンテナンスして、理想的な状態に戻すようにしましょう。

Windows標準のシステムツールを使ってみよう

Windowsにはハードディスクを大掃除するためのツールとして「ディスクデフラグツール」と「ディスククリーンアップ」が標準で用意されています。いずれもスタートメニューの「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」から利用することができます。また、「コンピュータ」(Windows XPでは「マイコンピュータ」)を開いて、ドライブを右クリック→プロパティで表示される「ディスクのプロパティ」ダイアログからでも実行することができます。

ディスクデフラグツール

画面 ディスクデフラグツール
「今すぐ最適化」ボタンをクリックすることで、断片化されたファイルが連続的に配置され、ハードディスクへのアクセスが向上します。

ディスククリーンアップ

画面 ディスククリーンアップ
不要なファイルを選択して消去することでハードディスクの空き容量を増やし、パフォーマンスを改善することができます。
■ デフラグする前に覚えておこう

ハードディスクの断片化を解消するデフラグツールを利用する場合には、ハードディスク内の重要なデータをバックアップしておきましょう。万が一ディスクに問題があった場合、デフラグでファイルが破壊される危険があるからです。デフラグに限らず、重要なデータはこまめにバックアップする習慣を身につけておきましょう。
「バックアップ」についてはこちらをご覧ください

画面 ディスクチェック

ディスクに問題があるかどうかは、ハードディスクのエラーチェックを行うことで確認・修正できます。エラーチェックは「ディスクのプロパティ」ダイアログの「ツール」タブから実行することができます。エラーチェックを行うことでハードディスク自体にある物理的な問題を解決してくれます。

また、実行中のアプリケーションがあったら、すべて終了しましょう。タスクトレイに格納されているアプリケーションもできる限り終了します。さらに、スクリーンセーバーも表示されないように設定しておきましょう。デフラグを実行中に別のアプリケーションでディスクアクセスが発生すると、やり直さなければならないからです。

なお、ディスクデフラグを実行すると、場合によっては完了までに数時間かかることがあるので、時間に余裕があるときに行うようにするといいでしょう。

驚速シリーズでパソコンを大掃除

驚速パソコン2007
画像 驚速パソコン 2007
画像 速PACK 2007
ウィザード形式で詳細設定ができる「カスタムナビ」を搭載し、各種プロパティからレジストリまで、Windowsのパフォーマンスを向上する75項目(OSにより異なる)におよぶ設定を簡単に変更できます。インターネット通信の高速化なども可能です。

なお、驚速パソコン2007に加え、「驚速仮想メモリ」「驚速デフラグ2」「驚速ファイル収集」が1つになったお得なパック「速PACK 2007」もあります。

驚速シリーズの特集ページはこちら

市販ツールを利用すれば、さらに便利にパソコンの大掃除を行うことができます。「驚速パソコン2007」は、簡単な操作でWindowsのさまざまな機能を高速化できるソフトです。一時ファイルや不要なシステムファイルのほかに、Windows標準のディスククリーンアップではきれいにされない使わなくなったレジストリも消去することができます。

ほかにも「驚速」シリーズには、パソコンが使われていない間に自動でデフラグする「驚速デフラグ2」をはじめ、パソコンのパフォーマンスを改善するためのさまざまなソフトや、それらが1つのパックになった「速PACK 2007」などの製品がラインナップされています。

[▲ページ先頭へ]

Copyright(c) 2007 Softbank Creative Inc. All rights reserved.