このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. サポートからのオススメ >
  5. もしもに備えてパソコンの状態をまるごと保存!

[バックアップアプリ利用のススメ]もしもに備えてパソコンの状態をまるごと保存

パソコンが快適に利用できる今、リカバリに備えることが大切です!
Cドライブの状態をまるごと保存できるアプリを使ってパソコンのもしもに備えましょう!

2005年秋冬モデル〜2011年夏モデルには、リカバリに備えるバックアップアプリとして「マイリカバリ」をインストールしています。「マイリカバリ」の情報についてはこちらをご覧ください。

2011年冬モデル以降は、 リカバリに備え、日々のバックアップもできるアプリとして「バックアップナビ」をインストールしています。「バックアップ」ナビを使ってパソコンのもしもに備えてください。

リカバリとは?

リカバリに備えるバックアップアプリを紹介する前に、「リカバリ」をご存じですか?
パソコンの調子が悪くなったときなどに、購入したときの状態にもどす作業のことを「リカバリ」と言います。

リカバリするとどうなるの?

パソコンが購入した状態に戻り、パソコン内のCドライブのデータがすべてなくなります。インターネットやメール、プリンタなどの設定がすべて削除されるのでまた一から設定のやり直しです。

「リカバリ」ではなく、リカバリに備えるバックアップアプリを使い、必ず一度はCドライブの「パソコンの状態」をまるごとバックアップしておくことをオススメします!

リカバリしてもすぐに元どおりにする方法は?

バックアップナビのイメージ(クリックして拡大)

パソコンが快適に利用できる今、プレインストールされている「バックアップナビ」でCドライブの「パソコンの状態」をまるごとバックアップしておくことです。そして、重要なデータは常に自分で「バックアップ」しておくことです。

ハードディスク自体の故障を考え、お使いのパソコン以外の場所に保存することをお勧めします。

  • 「バックアップナビ」は2011年冬モデル以降の製品に搭載しています。

リカバリとパソコンの状態から復元は何が違うの?

リカバリしてから以前のように使えるようになるまでが違います。リカバリはすべての設定をやり直さなければなりません。でも、バックアップナビの「パソコンの状態」でバックアップしたデータがあれば、トラブルが発生した以前の状態にもどすことができます。一から設定をやり直す必要がないのです。

リカバリとバックアップナビの比較イメージ図

「パソコンの状態」のバックアップはあどんなときにするの?

「パソコンの状態」のバックアップはCドライブのデータをまるごとバックアップするため、容量も大きく時間もかかります。日々のバックアップのように定期的にバックアップするのではなく、パソコンに大きな変更を行ったときにバックアップしましょう。

「パソコンの状態」のバックアップタイミングの図

  • 新しいソフトやドライバをインストールする、プロバイダを変更するなど環境を変更する前にバックアップしましょう。
  • 快適に利用できる環境のときバックアップします。パソコンの動作がおかしくなってからバックアップしても利用できません。
  • バックアップナビの「パソコンの状態」でバックアップした後でCドライブに追加したデータはバックアップが必要です。

バックアップした「パソコンの状態」でリカバリ(復元)する

マイリカバリ(もどす)画面イメージ(クリックして拡大)

バックアップナビを起動し、画面から「復元する」>「パソコンの状態の復元」を選択、復元するバックアップデータを指定してください。以前の快適な環境にもどすことができます。

USB接続の外付けハードディスクやUSBメモリなどの各種ストレージ機器は、必ず取り外してから作業してください。 接続したまま操作を行うと、正常に復元できない場合があります。

  • Cドライブのデータはすべて削除されます。バックアップナビの「パソコンの状態の復元」の前に大切なデータをバックアップしましょう。
  • Windowsが起動しない状態で「パソコンの状態」を復元することができます。マニュアルをご覧ください。
  • バックアップナビで「パソコンの状態」をバックアップ/復元(リカバリ)する方法については以下をご覧ください。