このページの本文へ移動

パソコンのこと教えて!谷口でんき店

質問Outlookのメールデータの移行はどうやるの?

今までWindows 7のパソコンを使用していましたが、新しくWindows 10のパソコンに買い替えました。 データや設定の移行が大変なイメージがあり、自分にできるのかとても不安です。メールソフトもOutlook 2010からOutlook 2016に変わったみたいですが、どうやってメールデータを移行すればいいですか?

(公開日:2017年4月12日)

回答

新しくパソコンを購入すると、新鮮な気持ちになる反面、設定をしたりデータを移行したりするのが大変に感じてしまいますよね。メールデータについては、「過去に送受信したメール」、「連絡先」を古いパソコンから取り出して新しいパソコンへ移動する操作をします。

なお、古いパソコンから新しいパソコンへメールデータを移動するときに、USBメモリやCD/DVDなどの記録媒体が必要です。Outlook 2013から移行する場合でも基本的な操作の流れは変わりませんよ。

※画面例はWindows 10、Windows 7のものです。

操作手順

メールデータを移行するには?

進

Outlook 2010からOutlook 2016へ移行する場合は、メールメッセージと連絡先を移行する操作をします。

惣一郎

Outlook 2010のデータをPSTと呼ばれるファイル形式でエクスポート(保存)して、Outlook 2016にインポート(取り込み)する操作ですね。

進

メールアカウントと呼ばれるメールの設定情報については、移行する機能がないため、移行先のパソコンでの設定が必要です。新しいパソコンでのメールアカウントの設定方法については、以下のQ&A内の「1.追加する 」を参考にしましょう。

惣一郎

メールデータと連絡先については、以下で紹介する手順どおりに進めるだけで設定ができますよ。

古いパソコンでOutlook 2010のデータをエクスポートする

Outlook 2010を起動し、「ファイル」→「開く」→「インポート」の順にクリックする画面のイメージ

Outlook 2010を起動し、「ファイル」→「開く」→「インポート」の順にクリックします。

次へ

「ファイルにエクスポート」をクリックし、「次へ」をクリックする画面のイメージ

「ファイルにエクスポート」をクリックし、「次へ」をクリックします。

次へ

「Outlookデータファイル(pst)」をクリックし、「次へ」をクリックする画面のイメージ

「Outlook データ ファイル (.pst)」をクリックし、「次へ」をクリックします。

次へ

保存するフォルダーを選択して、「次へ」をクリックする画面のイメージ

「エクスポートするフォルダー」の一覧から保存するフォルダーをクリックします。「サブフォルダーを含む」にチェックがある状態で「次へ」をクリックします。

次へ

「参照」をクリックする画面のイメージ

「参照」ボタンをクリックします。

次へ

移行するデータの保存先を選択し、「OK」をクリックする画面のイメージ

移行するデータを、デスクトップなどの任意の場所に保存します。ここでは、保存場所として「デスクトップ」をクリックします。任意のファイル名を入力し、「OK」をクリックします。

次へ

「完了」をクリックする画面のイメージ

「完了」ボタンをクリックします。

次へ

「パスワードの追加(オプション)」画面で、「OK」をクリックする画面のイメージ

「パスワードの追加(オプション)」が表示された場合は、空欄のまま、「OK」ボタンをクリックします。ファイルの保存が完了するまで待ち、Outlook 2010を閉じます。

※「パスワードの追加(オプション)」は表示されない場合もあります。

次へ

デスクトップ上にPSTファイルが表示された画面のイメージ

デスクトップ上に、エクスポートされたPSTファイルが表示されます。 このファイルを新しいパソコンへ移動します。

進

古いパソコンのデスクトップなどへエクスポートしたPSTファイルを、USBメモリなどの別の記録媒体へ保存します。その後、新しいパソコンのデスクトップなどへPSTファイルをコピーしましょう。

保存方法は、以下のQ&Aをご覧ください。

進

新しいパソコンのデスクトップなどにPSTファイルをコピーしたら、以下の操作でインポートをしましょう。

新しいパソコンでOutlook 2016へデータをインポートする

Outlook 2016を起動し、「ファイル」をクリックする画面のイメージ

Outlook 2016を起動し、「ファイル」をクリックします。

次へ

開く/エクスポート」→「インポート / エクスポート」の順にクリックする画面のイメージ

「開く/エクスポート」→「インポート / エクスポート」の順にクリックします。

次へ

「他のプログラムまたはファイルからのインポート」をクリックし、「次へ」をクリックする画面のイメージ

「他のプログラムまたはファイルからのインポート」をクリックし、「次へ」をクリックします。

次へ

「Outlook データ ファイル (.pst)」をクリックし、「次へ」をクリックする画面のイメージ

「Outlook データ ファイル (.pst)」をクリックし、「次へ」をクリックします。

次へ

「参照」をクリックする画面のイメージ

「参照」ボタンをクリックします。

次へ

古いパソコンのPSTファイルを選択し、「開く」をクリックする画面のイメージ

デスクトップなど、PSTファイルを保存したフォルダーをクリックします。ここでは例として、「デスクトップ」をクリックします。その後、保存されているPSTファイルを選択し、「開く」をクリックします。

次へ

オプションからデータが重複した場合の処理を選択し、「次へ」をクリックする画面のイメージ

「オプション」の項目では、現在、受信トレイや連絡先に保存されているデータと、インポート(取り込み)するデータを比較して、同じメールや同じ連絡先が存在する(重複する)場合に、どのような処理をするか選択します。
ここでは、例として、「重複したらインポートしない」を選択して、「次へ」をクリックします。
重複した場合の選択についての詳細は、コラムの内容をご覧ください。

次へ

復元するフォルダーを選択し、「完了」をクリックする画面のイメージ

「インポートするフォルダーの選択」から、復元するフォルダーをクリックします。「サブフォルダーを含む」にチェックがある状態で、「完了」ボタンをクリックします。 メールデータと連絡先の復元が完了するまで待ちます。

コラム

新しいパソコンのメールや連絡先にある内容と、移行する内容が重複した場合はどうなる?

メールデータを移行するタイミングによっては、新しいパソコンのOutlook に、すでに受信したメールが存在する場合があります。 このようなケースでは、古いパソコンでエクスポート(保存)したメールデータを移行しようとすると、新しいパソコンにあるメールデータの内容が重複してしまうことがあります。

Outlook 2016では、古いパソコンから移行するデータと新しいパソコンにあるメールデータが重複した場合にどのような処理をするのか選択することができます。 処理の選択肢は、以下のとおりです。状況に応じた項目を選びましょう。

  • 重複した場合、インポートするアイテムと置き換える
    既存のデータは、インポート(取り込み)するファイルの情報で上書きされます。
  • 重複してもインポートする
    既存のデータは上書きされず、重複する情報が現在のOutlook フォルダーに追加されます。
  • 重複したらインポートしない
    既存のデータが保持され、ファイル内の重複する情報は現在のOutlook フォルダーにコピーされません。

※「重複した場合、インポートするアイテムと置き換える」をクリックすると、受信トレイや連絡先に保存されているデータと、復元するデータで同じ内容があった(重複した)場合は、復元するデータで上書き保存されます。

ポイント

  • Outlookのメールデータを移行するには、古いパソコンでエクスポート後、新しいパソコンにインポートをする
  • メールアカウントについては、手動で設定が必要

コラム

こんなサポートもあります

今回は、メールデータの移行についてご紹介しました。他にも、パソコンの操作方法でわからないことがある、もっとパソコンを活用したい、とお考えの方もいるかと思います。富士通では「PCコンシェルジュ」という有料サービスをご用意しており、豊富な知識と高いスキルをもった専任アドバイザーが、パソコン活用相談など、幅広い範囲のご相談をお受けします。「My Cloud プレミアム あんしんスタンダード」という月額サービスによる割引もございますので、ぜひご利用ください。

Twitterで最新の更新情報やおすすめQ&A、アドバイスをお届けしています。