このページの本文へ移動

メール

パソコン初心者の方や機能は少ないがシンプルで使いやすいものをとお考えの方には、Windows 10に搭載されているメールアプリを使うのがお薦めです。シンプルとはいえ、複数のメールアドレスを一括管理することができるため、とても便利です。ここでは、Windows 10 メールアプリを使ったメールの使い方をご紹介します。

Windows 10 メールアプリを使う

Windows 10に搭載されているメールアプリは、機能や操作がシンプルで、受信・送信・通知などの基本的な機能で充分という方にお薦めです。GmailなどのWebメールアカウントも登録して使うこともできます。メールを読む・書く・アドレス帳(People)への登録など、基本的なことをまとめてご紹介します。

早速使ってみたいと思われた方は、はじめに設定が必要です。Windows 10 メールアプリの詳しい設定方法は、以下のQ&A情報をご覧ください。

ファイルや写真をメールで送信したい

メールにファイルや写真をつけて送ることもできます。詳しい方法を見ていきましょう。

「スタート」ボタン→「メール」タイルの順にクリックします。

次へ

「メール」が起動します。「新規メール」ボタンをクリックします。

次へ

「挿入」タブをクリックします。

次へ

「ファイルの添付」ボタンをクリックします。

次へ

「開く」が表示されます。添付したいファイルが保存されている場所を開き、添付するファイルをクリックします。

次へ

「開く」ボタンをクリックします。

次へ

メール作成画面に戻ります。添付するファイルが表示されていることを確認します。

次へ

宛先、件名、本文など必要事項を入力して「送信」ボタンをクリックします。

メールには署名をつけよう

メールの最後には、自分の名前やメールアドレスなど差出人情報を入れるのがマナーです。この差出人情報を「署名」といいます。メール送信のたびに「署名」を書き込むのは手間がかかります。入力ミスをして間違った情報のままメールを送ってしまうこともあるかもしれません。「署名」がいつも決まっているのなら、あらかじめ設定しておくと便利です。

その他、メール関連情報

Windows 10 メールアプリはシンプルな機能とわかりやすい操作性で、はじめてメールをお使いになる方やシンプルに使いたい方に適しています。使っているうちに、改めてわからないことや困ったことがあった場合は、Q&A情報をご覧ください。

Windows 10 メールアプリは、People アプリに登録した連絡先情報をアドレス帳として利用します。People アプリへの連絡先情報の追加やメールアプリへの宛先追加についてわからなくなった際は、Q&A情報をご覧ください。

Windows 10 メールアプリには、受信メールを自動で振り分けるといった高度な機能がありません。もっと高度な機能を備えたメールアプリが必要な場合は、Outlookなどを使うとよいでしょう。