このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. パソコン活用 クローズアップ! >
  5. あなたはどっちを選ぶ?「速くて静かなSSD」vs「大容量で安いHDD」(1/2)

パソコンのデータを保存する記憶装置

SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)やHDD(ハード・ディスク・ドライブ)は、パソコンのデータを保存する「記憶装置」です。パソコン内のプログラムや、文書・写真・音楽など、すべてここに保存されています。

パソコンを使っているとき、この「記憶装置」の部分を使わない、ということはまずありません。データの書き込みと読み込みを繰り返す部分なので、パソコンの快適さにも非常に影響を及ぼすパーツです。

SSDもHDDも、パソコン内での役割は同じです。それぞれに特徴があるので、紹介していきます。

SSDとHDDを比べてみよう

SSDには大きく2つの特長があります。1つ目は、「高速なデータの読み書き」です。その速度は現在普及しているHDDの約3倍、とされています。データ量や使用環境などによる違いはありますが、パソコンの起動やデータの処理など、さまざまな場面でその速さを体感できることと思います。
2つ目は、「衝撃に強く、静穏性が高い」です。SSDは物理的な駆動部分がない構造(次のページで紹介しています)なので、持ち運んで使うパソコンやタブレットには最適です。
ただし、このように利点が多い反面、価格も高くなっています。

対して、HDDのもっとも大きな特徴は、「大容量でも価格が安い」です。例えば、500GB(ギガ・バイト)の内蔵HDDが、安いものですと5,000円前後で購入できます。100GBあたりの価格で比較すると、SSDの約1/10になるほどの安さなのです。写真や動画など、データサイズが大きくなりがちなファイルをたくさん扱うときには、大容量のHDDが適しています。

一例ですが、「システムやプログラム」をSSDに保存して高速起動を実現し、「写真や音楽などのデータ」は外付けの大容量HDDに保存しておく、という使い方なら、どちらの特長も活用できますね。

  SSD HDD
100GBあたりの価格
(2014年5月現在)
約10,000〜15,000円 約1,000〜2,000円
読み/書き速度 450MB/s前後 150MB/s前後
メリット
  • データの読み書きが高速
  • 衝撃に強い
  • 静か
  • 容量が大きい
  • 価格が安価
デメリット
  • ドライブあたりの容量が小さい
  • 価格が高価
  • SSDに比べると読み書き速度は遅い
  • 衝撃に弱い
  • 周囲の磁気などの影響を受ける

次のページでは、SSDとHDDの構造をイラストで紹介します。

ランダムアクセスでSSDの能力が発揮される

ユーザーがインストールしたり、作成したりしたデータが、記憶装置の中に連続して書き込まれているとは限りません。データを削除したり、再び保存したりすると、書き込みできる場所が細切れになって、バラバラの位置に記憶されるようになります。パソコンを長い期間使用するほど、データのバラつきは増えていきます。

データがバラバラになっても、記憶装置はデータが保存された場所の情報(インデックス)をたよりに、ダイレクトにデータを読みにいきます。このことを「ランダムアクセス」と言います。

それに対して、連続した場所にあるデータを読み出すことを「シーケンシャルアクセス」と言います。

実は、シーケンシャルアクセスの速度は、SSDとHDDでそれほど差は出ませんが、ランダムアクセスでは大きな差が出ます。次のページで、機器のしくみを解説しますが、SSDは電気的に情報を記録するため、ダイレクトに情報を取り出せます。それに対して、HDDはデータが保存されている磁気ディスクを回転し、ヘッドを移動してデータを読み書きします。

SSDとHDDの大きな速度差は、この情報の取り出し方の違いなのです。