このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. パソコン活用 クローズアップ! >
  5. バッテリーは劣化する!ムダな劣化を防ぐ4つのポイント(2/2)

バッテリーユーティリティの活用で劣化を防ごう

FMVなら、「バッテリーユーティリティ」を活用することで、バッテリー劣化の対策ができます。この機能では、「充電モード」の設定を変更し、「満充電」の状態を80%に設定することで、満充電保存による劣化を防げます。
ここでは、Windows 8.1での操作を例に見てみましょう。

スタート画面でマウスポインターを動かし、「↓」ボタンが表示されたら、クリックします。

次へ

「FUJITSU - バッテリーユーティリティ」のグループにある「バッテリーの設定」をクリックします。

次へ

「バッテリーの設定」が起動し、「満充電量の設定」と表示されます。「変更」ボタンをクリックします。

次へ

「80%充電モード」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。

次へ

設定の変更を確認したら、「閉じる」をクリックします。

パソコンの世代によって違う、バッテリーユーティリティ

FMVに搭載されるバッテリーユーティリティは、発売時期によって異なります。

例えば2014年10月発表モデルのバッテリーユーティリティでは、上記の手順とは表示画面が異なっています。バッテリーユーティリティを起動し、[バッテリー満充電量]を選択することで、「80%充電モード」の選択ができます。
また、[バッテリーの情報]を選択すると以下のような表示がされ、バッテリーの消耗状態を確認することができます。

2014年10月発表モデルのバッテリーユーティリティでは、「バッテリーの消耗状態」を確認することができます。

なお、Windows 8以前のOSを搭載した機種にインストールされているバッテリーユーティリティの機能や設定方法については、下部の関連リンクからご確認ください。

バッテリーのムダな劣化を防ぐ4つのポイント

パソコンやスマートフォンに限らず、他の機器でもバッテリーが劣化する理由は基本的に同じです。次のような方法で対処していきましょう。

  1. 電源アダプターをつないだままにしない
  2. 長期間使用しない場合は、残量0%のまま放置せず定期的に50%程度まで充電する
  3. 高温の環境で放置や使用をしない
  4. FMVでは「80%充電モード」を使用する

まとめ

充電式のバッテリーも、必ず寿命がくるパーツです。ムダな劣化を防ぐ対策をして、できるだけ長く使っていただきたいです。バッテリーユーティリティのようなツールも有効なので、ぜひ活用しましょう。

Twitterで最新の更新情報やおすすめQ&A、アドバイスをお届けしています。