このページの本文へ移動

「Microsoft Edge」の印刷ワザ

Windows 10で新たに搭載されたブラウザーが「Microsoft Edge」です。起動から印刷の方法までを紹介します。

タスクバーの「Microsoft Edge」のアイコンをクリックして起動します。タスクバーにアイコンが表示されていない場合は、「スタート」ボタンをクリックし、「Microsoft Edge」をクリックします。

次へ

印刷したいページを表示します。

次へ

画面右上の「…」(詳細)をクリックし、表示されるメニューから「印刷」をクリックします。

次へ

「プリンター」に使用するプリンター名が表示されているかを確認します。別のプリンター名が表示されている場合は、プリンター名をクリックしてリストを表示し、使用するプリンターを選択します。

次へ

印刷の向きや印刷部数を設定します。画面右側のプレビュー表示を確認します。複数ページの場合はプレビューの上にページ数と[>]が表示されるので、クリックします。

次へ

次のページがプレビュー表示されます。必要に応じて「拡大/縮小」で倍率を指定し、「印刷」をクリックして印刷を実行します。

プリンターを追加する

使用したいプリンターがリストに表示されていない場合は、「設定」の「デバイス」からプリンターを追加してください。または、印刷画面の「プリンター」に表示されているプリンター名をクリックして、リストの「プリンターの追加」をクリックしてもかまいません。

「スタート」ボタンをクリックし、「設定」アイコンをクリックします。「Windowsの設定」画面で、「デバイス」をクリックします。

次へ

プリンターを接続し「プリンターまたはスキャナーを追加します」をクリックしてプリンターを追加します。

※「プリンターまたはスキャナーを追加します」が表示されていないときは、左側のメニューから、「プリンターとスキャナー」をクリックします。

「フォト」の印刷ワザ

「フォト」アプリを利用すれば、デジタルカメラやスマートフォンの画像をパソコンに取り込み、編集を行うことも可能です。ここでは、パソコンに取り込んだ画像を「フォト」アプリで印刷する方法を紹介します。

「スタート」ボタンをクリックし、「フォト」タイルをクリックします。

次へ

「フォト」アプリが起動し、「コレクション」画面が表示されます。印刷したい画像をクリックして選択します。

次へ

編集画面が開きます。必要に応じて、補正や編集を行いましょう。
画面右上の「…」(もっと見る)をクリックし、表示されるメニューから「印刷」をクリックします。

次へ

「プリンター」に使用するプリンター名が表示されているかを確認します。別のプリンター名が表示されている場合は、プリンター名をクリックしてリストを表示し、使用するプリンターを選択します。

次へ

用紙サイズや用紙の種類などを設定します。写真をキレイに印刷するには、用意した用紙に合わせて「用紙の種類」を選択することが大切です。なお、表示される用紙の種類は、使用するプリンターによって変わります。

次へ

設定ができたら画面右側のプレビュー表示を確認し、「印刷」をクリックします。
プリンターに用紙をセットする際は、用紙の裏表を間違えないように気を付けてください。

「マップ」の印刷ワザ

目的地へのルート検索などに便利なのが「マップ」アプリです。外出時にスマホを片手に操作してもいいのですが、あらかじめルートを検索して印刷し、持ち歩けば安心です。「マップ」アプリで印刷する方法を紹介します。

「スタート」ボタンをクリックし、「マップ」をクリックして「マップ」アプリを起動します。

次へ

ルート検索するなど、印刷したい地図を表示します。車や電車、徒歩など、目的に合わせた検索が可能です。

次へ

画面右上の「…」(さらに表示)をクリックし、表示されるメニューから「印刷」をクリックします。

次へ

「プリンター」に使用するプリンター名が表示されているかを確認します。別のプリンター名が表示されている場合は、プリンター名をクリックしてリストを表示し、使用するプリンターを選択します。

次へ

画面右側のプレビュー表示を確認します。印刷したい範囲が希望と異なる場合は、「キャンセル」をクリックしていったん印刷画面を閉じ、マップ右側の「+」「−」をクリックしたり地図をドラッグしたりして、表示範囲を調整します。

次へ

用紙の向きを設定します。地図が横長の場合、用紙の向きを「横」に設定すると、ムダな余白がなく大きく印刷できます。用紙のサイズや種類を変更したい場合は「その他の設定」をクリックして設定します。設定できたら「印刷」をクリックして印刷を実行します。

PDFファイルで保存する

印刷画面では、プレビュー表示している画面をPDF形式で保存することもできます。

「プリンター」に表示されているプリンター名をクリックして、リストから「Microsoft Print to PDF」を選択し、「印刷」をクリックします。「印刷結果を名前を付けて保存」フォルダが開くので、名前を付けてPDF形式で保存できます。

まとめ

Windows 10のさまざまなアプリでの印刷方法をマスターしてスムーズに印刷できるようになれば、自分で使うための地図、人にプレゼントするための写真など、活用の幅が広がるでしょう。

こんなサポートもあります

今回は、Windows 10での印刷についてご紹介しました。他にも、パソコンの操作方法でわからないことがある、もっとパソコンについて詳しく知りたい、とお考えの方もいるかと思います。富士通では「PCコンシェルジュ」という有料サービスをご用意しており、豊富な知識と高いスキルをもった専任アドバイザーが、パソコン活用相談など、幅広い範囲のご相談をお受けします。わかりやすいとご好評をいただいているリモートサポートが利用できます。なお、「My Cloud プレミアム あんしんスタンダード」という月額サービスによる割引もございますので、ぜひご利用ください。

Twitterで最新の更新情報やおすすめQ&A、アドバイスをお届けしています。