1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. あなたならどうする?古いパソコンの活用&処分方法
サイト共通ヘッダです。 ここから本文です

あなたならどうする?古いパソコンの活用&処分方法

FMVファミリー編集部責任編集
長く愛用したパソコンも、いつかは性能に物足りなさを感じたりして、買い替えを検討することになります。そのときに問題になるのが、古いパソコンをどうするかということです。今回は、古いパソコンを活用する方法、そして、処分する場合の方法について考えてみましょう。
古いパソコンはどうしたらいい?
最新パソコンと古いパソコンはどのくらいスペックが違う?
2台をネットワークでつないでファイルを共有する
インターネット閲覧マシンとして利用する
子供が安心して使えるパソコンにする
古いパソコンを売って処分する
改正リサイクル法に従ってきちんと処分

古いパソコンはどうしたらいい?

古いパソコンの活用&処分方法
新しいパソコンを購入し、古いパソコンをどうするか悩んでいる男性のイラスト いざ新しいパソコンを購入しようと思っても、今まで使っていた古いパソコンをどうするか悩むところです。そのまま使い続けるにしろ、性能が低めな古いパソコンでは、画像/動画編集やDVDの再生など、高スペックが要求される作業には対応しきれません。本当に不要であれば廃棄するしかありませんが、2003年10月より、パソコンを廃棄する際、従来のように不燃物や粗大ゴミとして捨てることができなくなりました。これは「資源有効利用促進法」の施行に伴って、パソコン本体やパソコン用モニタは、すべてリサイクル対象として回収が義務づけられたためです。

大手パソコンメーカーや一部周辺機器メーカーでは、回収再資源化料金を無償にする「PCリサイクルマーク」の貼付が開始されました。FMVシリーズでも、2003年10月以降に発売されたモデルには、すべてPCリサイクルマークが貼付されています(写真1)。PCリサイクルマークが貼付されたFMVをお使いの方は、処分するときに新たな費用負担は必要ありません。しかし、2003年10月以前に購入したパソコンの場合は、リサイクル料金が含まれていないため、廃棄時の費用をユーザーが負担する必要があります。
写真1 FMVの外箱に付いているPCリサイクルマークの拡大写真。クリックすると拡大。 写真1
2003年10月以降に発売されたFMVの外箱にはPCリサイクルマークが付いており、このマークが付いたFMVは回収再資源化料金が無償になる
使い続けるにもスペックが低く、廃棄するにもお金がかかってしまう、古いパソコンの扱いですが、それぞれ方法次第で便利に活用したり、お得に処分することができます。低いスペックでも十分便利な使い方もありますし、廃棄するにも、中古ショップやオークションで売ったり、新しいパソコンの購入時に下取りに出したりと、お金をかけずに処分することもできるのです。

●活用方法
・サブマシンとして利用する
・ネットワークにつないで、ファイルを共有して利用する
・インターネットの接続マシンとして利用する

●売る場合のメリット
・処分費用がかからない
・モデルや使用状態によっては、予想以上に高く売れる
・下取りに出すことで、差額分安く新しいパソコンを購入できる

●処分する場合のメリット
・重要なデータなどを外部に漏らす心配がない
・モデルに関係なく処分費用は同じ
・回収されて新しい資源に生まれ変わる

そこで今回は、古いパソコンをとことん活用する方法と、なるべくコストをかけずに処分する方法、そしてPCリサイクルについて紹介していきましょう。

最新パソコンと古いパソコンはどのくらいスペックが違う?

古いパソコンの活用&処分方法
ここ数年、パソコンでのDVDやテレビ観賞/録画、動画編集などが注目され、FMVにもこれらの機能が搭載されたモデルが増えてきています。動画をストレスなく扱うには高いマシンスペックが必要となるため、FMVのスペックも飛躍的に向上しました。3年前に発売されたFMVと最新のFMVではスペックがどのくらい違うのか、その差を見てみましょう(表1)。

表1 2001年夏モデルと2004年夏モデルの比較


2001年夏モデル 2004年夏モデル
機種名 CE7/855 CE70HV
OS Windows Me Windows XP
CPU AMD Duron/850MHz Pentium4/3GHz
メモリ 128Mバイト 512Mバイト
ハードディスク容量 40Gバイト 200Gバイト
内蔵ドライブ CD-RW/DVD-ROM スーパーマルチドライブ
3年前のCEシリーズと最新のCEシリーズでは、単純にCPUのクロック数だけでみれば約3.5倍もの差があります。同時にメモリやハードディスク容量も増えているので、性能差はCPUの比較以上に大きいものです。これだけ性能差があると、処理の速さは体感的に感じられ、特にゲームや動画編集のようなマシンパワーを必要とする作業では顕著に表れます。かといって、古いパソコンのパーツを交換してパワーアップしようとしても、コストがかかってしまったり、物理的にできない場合もあります。

とはいえ、古いからといって使えないわけではなく、用途によっては古いパソコンでも十分使えます。古いパソコンには古いなりに、ストレスなく使える活用法を考えて、最後の最後まで使い倒しましょう。そこで次のページからは、大きく3つの目的に沿って、古いパソコンの使い道について紹介していきましょう。
このページの先頭へ
| 1 | 2 | 3 |
次のページへ