1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. トラブルが起こる前に!「マイリカバリ」で快適利用環境を保存しておこう!
サイト共通ヘッダです。 ここから本文です

トラブルが起こる前に!「マイリカバリ」で快適利用環境を保存しておこう!

不意のトラブルでもFMVには心強い味方がいるから安心

不意のトラブルに見舞われるイメージ図

「ウイルスに感染してしまった」「インターネットに接続できない」「ハードディスクからデータがうまく読み込めない」など、パソコンのトラブルはいつやってくるかわかりません。このようなトラブルが発生して、突然パソコンの調子が悪くなってしまった場合でも、FMVに標準で装備されている「マイリカバリ」と「FMかんたんバックアップ」を活用すれば、手間もかからず安全に復旧させることができます。


「マイリカバリ」は、パソコンを元の状態に戻す復元ソフトウェア

FMVの2005年秋冬モデル以降の機種には、「マイリカバリ」と呼ばれるFMV専用復旧ツールが用意されています。このマイリカバリの「つくる」という機能を使って、たとえば「インターネットにつながっている状態の設定」や「アプリケーションが正常に使える状態」といったパソコンの利用環境をあらかじめハードディスクに保存しておけば、トラブルが発生しても、保存しておいた正常なときのデータを使って、以前の状態にパソコンを簡単に戻すことができます。

トラブルはいつ発生するかわかりません。だから、パソコンが好調なときに、マイリカバリの「つくる」で利用環境を保存しておきましょう。
マイリカバリを使用し、パソコンを元の状態に戻すイメージ図

マイリカバリは利用環境をそのまま「ディスクイメージ」として保存

マイリカバリで「つくる」ボタンをクリックすると、現時点のパソコンの利用環境(Cドライブ)を「ディスクイメージ」としてハードティスクの Dドライブに保存します(図1)。そして、パソコンにトラブルが発生した場合などの不測の事態には、Dドライブに保存されているディスクイメージを使ってパソコンの利用環境(Cドライブ)を簡単に復元することができます(図2)。

マイリカバリの「つくる」のイメージ図

図1
Cドライブの利用環境を、ディスクイメージにしてDドライブに保存

マイリカバリの「もどす」のイメージ図

図2
Dドライブに保存されているディスクイメージを使って、Cドライブの利用環境を戻す

画面1-1 マイリカバリで「つくる」を選択している画面 画面1-2 これから作成するディスクイメージにコメントを付けている画面

画面1
マイリカバリで「つくる」ボタンをクリックすると表示されるディスクイメージのコメント欄には、日付のほか、インストールしたソフトウェア名なども入れておくと判別しやすくて便利

マイリカバリは、デスクトップの「マイリカバリ」アイコンをクリックするだけで簡単に起動することができます。また、「@メニュー」からも起動することができます。ディスクイメージを保存するための操作は簡単です。

「マイリカバリ」でディスクイメージを作成する方法はこちら>>
2006年夏モデル 2006年春モデル 2005年秋冬モデル

パソコンは使用している間に設定を変更したり、ドライバを更新したりと、新しい設定がどんどん書き加えられていきます。利用環境を変えたらマイリカバリの「つくる」を使って、あらたにディスクイメージを保存しておきましょう。

マイリカバリを使った復元は、面倒な設定作業は一切無用!

画面2 マイリカバリで「もどす」を選択している画面

画面2
マイリカバリで設定を元の状態に戻すには「もどす」をクリックします

マイリカバリの「もどす」を使うと、インターネットに接続するための設定やアプリケーションの設定を最初からやり直す必要は一切ありません。トラブル発生以前の快適な状態に簡単に戻すことができます。

「マイリカバリ」で作成したディスクイメージからリカバリする方法はこちら>>
2006年夏モデル 2006年春モデル 2005年秋冬モデル


マイリカバリの使用イメージ図

ただし、マイリカバリはディスクイメージを作成した時点の状態にそっくりそのまま戻してしまうので、画像や文書などのデータも以前の状態に戻ってしまいます。そこでぜひ利用しておきたいのが「FMかんたんバックアップ」です。次ページで紹介する「FMかんたんバックアップ」を使って、画像や文書などのデータを保存しておけばトラブルの際にも安心です。