1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. ちょっとの工夫でデジタルカメラの写真が楽しい作品に早変わり
サイト共通ヘッダーです。 ここから本文です

ちょっとの工夫でデジタルカメラの写真が楽しい作品に早変わり

デジタルカメラの写真がミニチュアに!?

フリーソフトの「MINI+TUNE」を使って、ポートレートや風景写真をまるでミニチュアを撮影したかのような写真に変換して、非日常の世界を楽しんでみましょう。MINI+TUNEは、写真のコントラストや彩度を上げて、ピンぼけの効果を加えることにより、ピントが合っている部分をミニチュアのように見せるといったしくみになっています。

ただし、MINI+TUNEでは扱える画像サイズに制限があり、あらかじめ写真を240×240ピクセルの大きさに加工しておく必要があります。写真をリサイズするには、@フォトレタッチなどの画像編集ソフトで切り抜くなどの処理を行えばよいのですが、結構手間がかかるため面倒です。そこで、MINI+TUNEと同じホームページで公開されている「cropper」というフリーソフトを利用して、MINI+TUNE用の画像を手軽に作成するといいでしょう。

MINI+TUNEの詳細・ダウンロードはこちら

cropperの詳細・ダウンロードはこちら

画像のリサイズ

1
cropperを起動し、リサイズしたい写真をウィンドウにドラッグ&ドロップしている画面イメージ
cropperを起動して、リサイズしたい写真をウィンドウにドラッグ&ドロップします。

2
右側にある「+10」「−10」などのズームボタンで拡大/縮小したり、画像部分をドラッグしたりして切り取る位置を決め、「書き出し」をクリックしている画面イメージ
右側にある「+10」「−10」などのズームボタンで拡大/縮小したり、画像部分をドラッグしたりして切り取る位置を決めたら、「書き出し」をクリックします。

3
「名前をつけてください」画面が表示され、「ファイル名」欄に書き出す画像のファイル名を入力して「保存」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
「名前をつけてください」画面が表示されるので、「ファイル名」欄に書き出す画像のファイル名を入力して「保存」をクリックします。

4
「OK」をクリックしている画面イメージ
「OK」をクリックします。

画像のミニチュア化

1
MINI+TUNEを起動し、240×240ピクセルにリサイズした画像をウィンドウにドラッグ&ドロップしている画面イメージ
MINI+TUNEを起動して、240×240ピクセルにリサイズした画像をウィンドウにドラッグ&ドロップします。

2
ピント位置を決め、「EDGE COLOR」で縁の色を指定、「EDGE SIZE」では角を丸める大きさを指定し、「SAVE」をクリックしている画面イメージ
画像でピントを合わせたい部分をクリックしてピント位置を決めます。「EDGE COLOR」では縁の色を指定でき、「EDGE SIZE」では角を丸める大きさを指定できます。設定が終わったら「SAVE」をクリックします。

3
「名前をつけてください」画面が表示され、「ファイル名」欄に書き出す画像のファイル名を入力して「保存」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
「名前をつけてください」画面が表示されるので、「ファイル名」欄に書き出す画像のファイル名を入力して「保存」をクリックします。

4
「OK」をクリックしている画面イメージ
「OK」をクリックします。

加工前

加工前のイメージ画像

ミニチュア化

ミニチュア化のイメージ画像