このページの本文へ移動
  1. Windows Vista サポート終了 相談室 >
  2. アップグレードできるの? アップグレード条件と問題点

Windows Vista サポート終了(2017年04月11日) 相談室

アップグレードできるの? アップグレード条件と問題点

アップグレード条件は?

富士通パソコンのWindows Vista搭載機種でWindows 7にアップグレードできるのは、次の条件を満たしている場合のみです。

  • 2009年春モデル、または2009年夏モデルであること
  • Windows 7がお手元にあること

アップグレードできるパソコンは、新しいOSが動作するのに必要な環境を満たしていることに加え、メーカーからドライバーが提供されている必要があります。

また、当社のサイトでWindows 7とドライバーが入ったディスクを購入するか、マイクロソフト社からWindows 7を購入する必要がありましたが、どちらもすでに販売が終了しています。

条件を満たしている場合のアップグレードの手順については、以下のQ&Aをご覧ください。

アップグレードの問題点

アップグレードに必要な条件を満たしてアップグレードしたパソコンは、Vistaのサポート終了については回避できますが、次のような問題は残ります。

パソコンの寿命は延びない

富士通パソコンの補修用性能部品の保有期間は「製造終了後6年」となっています。
Windows Vistaを搭載したパソコンは発売から少なくとも7年以上経過しています。故障したときに修理ができない場合があります。

今まで使っていたアプリが使えるとは限らない

アップグレードすると、アップグレード前に使用していたアプリが一部動作しなくなる場合などがあります。アップグレードする前に、メーカーが提供している制限事項を充分に確認してください。
富士通パソコンの場合は「Windows 7 動作確認情報」で確認できます。

パソコンの性能はあがらない

OSをアップグレードしても、パソコンの動作が速くなるわけではありません。新しいソフトを利用しようとしても、ハードウェアの性能は古いままなため、ソフトの使用環境が満たされず、動作しない可能性があります。最新のソフトやサービスを使いたい場合は、新しいパソコンが必要になります。

お問い合わせ窓口のご紹介

Windows VistaからWindows 7へのアップグレードの問題点についてご紹介しました。アップグレードに条件があったり、アップグレードしても故障した場合に修理ができなかったりするため不安が残ります。そのためVistaサポート終了対策のひとつとしてご紹介はしていますが、おすすめはしていません。
今回の内容について不明な点がございましたら「パソコン乗り換えご相談窓口」までご相談ください。