このページの本文へ移動

ワイド保証サービス お客様一人ひとりに、もしもの備えで快適で安心なパソコンライフをお届けします。

サービス利用規約

第1条(利用規約の適用)

  1. 富士通株式会社(以下「富士通」といいます)は、本利用規約に基づき、第2条に定める利用者に対して「ワイド保証サービス」(以下「本サービス」といいます)を提供します。本サービスは、第3条に定めるサービス対象機器が、第4条のサービス期間中に故障した場合に、第6条記載の内容に従い、修理を行うサービスです。
    なお、本サービスは、富士通が発行する「ワイド保証書」(POSAカードの利用による本サービスの申し込みの場合には、当該POSAカードがワイド保証書となり、別途のワイド保証書の発行は行いません。)の提示により、適用されるものとします。また、富士通株式会社製パーソナルコンピュータまたは富士通クライアントコンピューティング株式会社製パーソナルコンピュータ(タブレット製品を含み、以下、総称して「富士通製PC」といいます)購入時に添付されている保証書(以下「標準保証書」といいます)およびワイド保証書は、再発行いたしません。
  2. 本利用規約は、「My Cloud FMVサポート規約」、「My Cloud FMVサポート会員規約(旧「AzbyClub会員規約」)」、「富士通WEB MARTの法的情報」ならびに前項に定める「無料修理規定」および「富士通パーソナルコンピュータ修理規定」の内容に優先して適用されるものとし、本利用規約に定めのない事項については、上記各規約、情報および規定の内容が有効に適用されるものとします。

第2条(対象となるお客様)

  1. 本サービスは、第3条に定めるサービス対象機器をお持ちの個人のお客様または、新規購入の個人のお客様のうち、富士通指定の方法で本サービスの申し込みを行い、富士通が当該申し込みを受諾した方(以下「利用者」といいます)に対してご提供するサービスです。
  2. 前項に定める本サービスの申し込みにあたっては、My Cloud アカウント取得後My Cloud FMVサポート規約に同意していることまたはMy Cloud FMVサポート会員(旧「AzbyClub会員」)登録をしていることが前提となります。
  3. POSAカードの利用による本サービスの申し込みの場合には、当該POSAカード購入日(POSAカードのアクティベーションを行った日)から180日以内に本サービスの申し込みを行う必要があります。

第3条(サービス対象機器)

本サービスの対象機器(以下「サービス対象機器」といいます)は、本サービスの申し込み日において製品発表から所定の期間内(第4条に定めるワイド保証(3年)の場合は3年以内、ワイド保証(4年)の場合は2年以内、ワイド保証(5年)の場合は1年以内)の製品であって、利用者が本サービスの申し込み時に指定した富士通製PC(法人向けモデルを除く)とします。なお、MRヘッドセットおよびコントローラ等の周辺機器はサービス対象機器には含まれません。また、本サービスの申し込み日において、標準保証書の保証開始日(最初に電源を入れた日)から60日を経過している製品については、サービス対象機器として指定できません。

第4条(サービス期間)

  1. 本サービスの期間(以下「サービス期間」といいます)は、サービス対象機器に適用される標準保証書の保証開始日(最初に電源を入れた日)から、申し込みをした本サービスのサービス期間の満了日までとします。なお、本サービスのうち、サービス期間をサービス対象機器の保証開始日の3年後に該当する日までとするサービスを「ワイド保証(3年)」、サービス対象機器の保証開始日の4年後に該当する日までとするサービスを「ワイド保証(4年)」、サービス対象機器の保証開始日の5年後に該当する日までとするサービスを「ワイド保証(5年)」とします。
  2. 前項にかかわらず、サービス期間は、サービス対象機器ごとに富士通が定める補修用性能部品の保有期間(以下「補修部品保有期間」といいます)を超えた時点で終了するものとします。

第5条(サービス料)

利用者は、富士通に対し、本サービスの対価として、富士通が別途指定する本サービスの利用料金(以下「サービス料」といいます)を支払うものとします。なお、サービス料の支払方法は、富士通が別途指定するもののうち、利用者が申し込み時に選択した方法とします。

第6条(本サービスの対象)

  1. 第4条に定める本サービス期間中に、取扱説明書、サービス対象機器添付ラベル等の注意書きに従った正常な使用状態でサービス対象機器が故障した場合、または次項に定める偶然な事故でサービス対象機器が故障した場合、「無料修理規定」および「富士通パーソナルコンピュータ修理規定」の定めにかかわらず、富士通は無料で引取修理を行います。
  2. 本利用規約において「偶然な事故」とは、「富士通パーソナルコンピュータ修理規定」に定める事項のうち、次の各号のいずれかをいうものとします。
    • (1) 利用者の故意または重過失によらず、第4条第2項第(3)号に定める利用者自身によるご使用上の誤り(水などの液体こぼれ、水没、落下等)に基づき、サービス対象機器が故障した場合。ただし、水没について、台風、暴風雨、豪雨等による洪水、融雪洪水のほか津波・高潮、土砂崩れ等の気象変象に基づく場合は含まないものとします。
    • (2) 第4条第2項第(4)号に定める火災(消火活動による水漏れも含みます)、落雷に基づき、サービス対象機器が故障した場合
  3. 本条第1項および第2項に定める場合であっても、利用者が本サービスを注文した時点においてサービス対象機器に生じていたと富士通が判断する故障については、本サービスの対象から除かれるものとし、「無料修理規定」および「富士通パーソナルコンピュータ修理規定」の定めが適用されるものとします。
  4. 本条第1項および第2項に定める場合であっても、サービス対象機器の損傷がはなはだしく、富士通が修理不可能であると判断した場合には、無料修理に代わり富士通が選定する当該サービス対象機器と同等の機能を有する代替機を提供する場合があります。なお、利用者が当該代替機との交換を希望されない場合には、当該サービス対象機器を現状のまま返却いたします。
  5. サービス対象機器の筐体の傷については、本サービスの対象から除きます。当該筐体の交換を希望される場合は、富士通が別途指定する料金にて交換させていただきます。

第7条(本サービス利用時のご注意)

本サービスをご利用されるに際して、利用者は、以下の各号に定める事項に同意するものとします。

  • (1) サービス対象機器に発生した故障の防止軽減に努めること。
  • (2) 利用者は、富士通が本サービスを提供するにあたり必要と判断した場合、サービス対象機器の故障発生の日時、場所、故障状況、故障の程度を遅滞なく富士通に報告し、かつ、富士通所定の様式により当該故障に関する報告書を提出すること。
  • (3) 前号に定める報告書のほか、富士通が特に必要とする書類またはサービス対象機器の故障に関する証拠となる資料等を求めた場合には、遅滞なくこれらを提出する等富士通が行う調査に協力すること。
  • (4) 本サービスの提供により交換されたサービス対象機器の部品、および代替機を提供することとなったサービス対象機器については、利用者は所有権を放棄するものとし、富士通は当該部品等を利用者に返却しないこと。
  • (5) サービス対象機器の引取り後に本サービスの対象とならないと富士通にて判断した場合は、富士通が利用者に連絡し、当該サービス対象機器を利用者に返却すること。

第8条(利用者の遵守事項)

  1. 利用者は、富士通が本サービスを提供するにあたり必要と判断したデータおよび情報等を、富士通に提供するものとします。
  2. 利用者は、自己のユーザー登録番号およびパスワードを用いて、本サービスの利用に際してなされた一切の行為について、当該行為を自己がなしたか否かにかかわらず一切の責任を負うものとします。
  3. 利用者は、本利用規約に基づき本サービスを受ける権利につき、第三者に譲渡、再許諾等できないものとします。また、本サービスにより富士通が利用者に提供した情報その他著作物は、その利用者のみ利用することができるものであり、利用者は富士通の書面による事前の承諾なくして、当該情報その他著作物を第三者に利用させないものとします。
  4. 利用者は、氏名、住所等、富士通への届出内容に変更があった場合、すみやかにその旨富士通へ届け出るものとします。利用者が当該届出を怠った場合、富士通は当該利用者に対して本サービスを提供しないことがあります。
  5. 利用者は、サービス対象機器に関する所有権を保有していることを富士通に対し保証するものとします。万一所有権を保有していないことが判明した場合には、富士通は当該利用者に対して本サービスを提供しないことができるものとします。

第9条(個人情報の取扱い)

  1. 富士通は、本サービスの利用にあたり利用者が富士通に提供した情報のうち、当該利用者個人を識別できる情報(以下「個人情報」といいます)につき、以下の利用目的の範囲内で取扱います。
    • (1) 本サービスを提供すること。
    • (2) 本サービスの向上を目的として、電子メール、郵便、電話等によりアンケート調査を実施すること。
    • (3) 本サービスの向上を目的として、利用者における電子メールの開封状況、富士通のWebページの閲覧状況、その他利用者における本サービスの利用に関する情報を収集し、分析すること。
    • (4) 利用者に有益と思われる富士通または富士通の子会社、関連会社または提携会社の製品、サポートサービス等の情報を、電子メール、郵便、電話等により利用者へ提供すること。
    • (5) 個人情報の取扱いにつき、個別に利用者の同意を得るために、当該利用者に対し電子メール、郵便、電話等により連絡すること、および当該同意を得た利用目的に利用すること。
    • (6) 利用者資格の取消等により富士通が利用者に対する本サービスの実施を終了した場合でも、前各号に定める利用目的の範囲内において個人情報を利用すること。
  2. 利用者がMy Cloudアカウント所有者の場合、富士通は、My Cloud アカウント利用規約または利用者が同意した(将来同意する場合を含みます)個別サービスの利用規約等に基づき、利用者が富士通または提携企業に提供した個人情報のうち、My Cloud アカウント利用規約または当該利用規約等において、利用者が利用するMy Cloud サービスの提供者(富士通または提携企業)に対して提供するものと定められた個人情報を、前項各号に定める目的で利用する場合があります。
  3. 利用者がMy Cloudアカウント所有者の場合、富士通は、利用者が第1項に基づき富士通に提供した利用者の個人情報のうち、以下の各号に定める個人情報を、My Cloud アカウント利用規約または利用者が利用規約等に同意した(将来同意する場合を含みます)個別サービスの利用規約等で定める目的の範囲で利用し、また、個別サービスを提携企業が提供する場合には、当該提携企業に対して、当該提携企業が提供する個別サービスの利用規約等における個人情報の利用目的での利用のためにのみ提供する場合があります。
    • (1) 本サービスの利用状況(ウェブページの閲覧状況を含む)
  4. 富士通は第1項に定める利用目的のために必要な範囲で、個人情報を業務委託先に取り扱わせることができるものとします。
  5. 富士通は、「個人情報の保護に関する法律」において特に認められている場合および本利用規約に定める場合を除き、個人情報につき、本条に定める以外の利用目的で取り扱い、または本条に定める以外の第三者に開示、提供することはありません。

第10条(責任制限)

  1. 富士通は、本サービスについて、正確性、合法性および利用者が意図する利用目的への適合性、有用性等に関し、いかなる保証責任も負わないものとします。
  2. 富士通は、利用者が本サービス用の設備に蓄積したデータ等が消失し、または第三者により改ざんされた場合は、技術的に可能な、かつ富士通が合理的と判断する範囲で当該データ等の復旧に努めるものとし、その復旧への努力をもって、消失または改ざんに伴う利用者または第三者からの損害賠償の請求を免れるものとします。
  3. 富士通の本サービスに対する責任は、利用者が支障なく本サービスを利用できるよう、善良なる管理者の注意をもって本サービスの維持、運営に努めることに限られるものとします。
  4. 富士通は、補修部品保有期間内に補修用性能部品が枯渇したことにより本サービスの提供が不可能となった場合を除き、利用者にサービス料の全部または一部を返金しません。
  5. 富士通は、本サービスの利用により発生した利用者の損害(富士通の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益および他の利用者または第三者から利用者に対してなされたクレーム、損害賠償請求等に基づく損害を含みます)および本サービスを利用できなかったことにより発生した利用者または第三者の損害に対し、いかなる責任も負わないものとします。
  6. 請求原因のいかんを問わず、本サービスに関連して富士通が利用者に損害賠償責任を負う場合、サービス料の額を限度とします。
  7. 本サービスの利用または利用不能により利用者が被った損害が、富士通の故意または重過失に起因するものである場合は、第5項および第6項の規定は適用されないものとします。

第11条(利用者資格の取消等)

  1. 利用者が、My Cloud アカウントを削除した場合(富士通によるMy Cloud アカウントの取消しの場合を含む)またはMy Cloud FMVサポート会員資格を喪失した場合は、本サービスの利用資格も同時に喪失するものとします。
  2. 利用者が次のいずれかに該当する場合、富士通は利用者の本サービスの利用資格を取り消すことがあります。
    • (1)利用登録時に誤りまたは虚偽の事項が記載されていたことが判明した場合
    • (2)本利用規約に違反した場合
    • (3)サービス対象機器を第三者に譲渡した場合
    • (4)サービス対象機器を改造した場合
    • (5)本サービスの運営を妨げる行為を行った場合
    • (6)他者になりすまして本サービスを利用した場合
    • (7)富士通が事前に承認した場合を除き、本サービスにつき、営業活動、営利を目的とした利用およびその準備を目的とした利用を行った場合
    • (8)法令に反する利用、または公序良俗に反する利用を行った場合
    • (9)その他富士通が不適切と判断した行為を行った場合
  3. 前項のいずれかの行為を利用者が行ったことにより、富士通が損害を被った場合、富士通は利用者に対し当該損害の賠償を請求することがあります。
  4. 本条に基づき、利用者が本サービスの利用資格を喪失または取り消された場合でも、サービス料は返却されないものとします。

第12条(本サービスの中断)

富士通は、天災地変、労働争議等の不可抗力により本サービスの提供が出来ない場合、本サービス提供用の設備の保守上または工事上やむをえない場合、その他富士通がその運用上または技術上、本サービスの一時的な中断を必要とした場合には、本サービスの提供を中断することがあることを、利用者は了承するものとします。

第13条(利用規約の変更)

富士通は、本利用規約を変更する必要が生じた場合は、利用者に対する通知をもって変更できるものとします。

第14条(通知)

本サービスおよび本利用規約における富士通から利用者への通知は、FMV サポート専用サイトでの表示により行われるものとします。

第15条(専属的合意管轄裁判所)

本サービスに関する訴訟については、東京地方裁判所をもって第一審における合意上の専属的管轄裁判所とします。

付則

本利用規約は、2018年1月18日から効力を発するものとします。

PC保証アップグレードサービス メインメニュー

  • トップページ
  • ワイド保証サービス(3年)
    サービス対象機種(3年)
    サービス対象機種(4年)
    サービス対象機種(5年)
    よくある質問
    サービス利用規約
  • メーカー延長保証サービス
  • お問い合わせ
お申し込み
豊かなパソコンライフを支援する バリューplus