Internet Explorerをお使いのお客様へMicsoroft Edgeへの移行のお願い

マイクロソフト社から発表された「Windows 11」では、標準ブラウザーとしてMicrosoft Edgeがご利用いただけます。

Windows 11にアップグレード後は、いままでお使いになられていたInternet Explorerがご利用いただけなくなります。アップグレードする前に、Internet Explorerの設定を、Microsoft Egdeに移行しておきましょう。

Microsoft Egdeへの移行手順

ヒント:このページを印刷しておくと、手順を確認しながらすすめることができるのでオススメです

①My Cloudかんたんアクセスをインストールする

Internet Explorerと同様に快適な環境にするために、「My Cloudかんたんアクセス」をMicrosoft Edgeにインストールしましょう。


このリンクをクリックします。Microsoft Edgeでページが開きます。
※「このページをMicrosoft Edgeで開きます」というメッセージが表示された場合は「開く」をクリックします


②開いたページにある「My Cloud かんたんアクセスをインストール」をクリックします

③開いたページにある「Chromeに追加」をクリックします

④「"My Cloudかんたんアクセス"をMicrosoft Edgeに追加しますか?」というメッセージが表示されたら拡張機能の追加」をクリックします。

「Chromeに追加」を押しても上記のダイアログが出ない場合

お使いのMicrosoft Edgeが最新版ではないため、My Cloudかんたんアクセスをインストールできません。
Microsoft Edgeを以下のページの手順で最新版に更新し、再度このページの手順をお試しください。
新しいMicrosoft Edgeにアップデートする方法を教えてください。

以上でMy Cloud ホームページの設定は完了です。Microsoft Edgeを開いたときにMy Cloud ホームページが開くようになります。

②ブラウザーを開いたときに表示されるホームページなどの設定をInternet Explorerと同じにする。

Microsoft Edgeを起動したときのページをInternet Explorerと同様にするには、以下の手順に従って設定を行ってください。

①Internet Explorerを起動し、設定ページの[全般]タブの[ホームページ]に記載されているURLを控えておきます。

②次のQ&A情報の手順に従い、Microsoft Edgeの起動時のページの設定を行ってください。その際、[Microsoft Edgeの起動時]の項目は[これらのページを開く]を選択し、開くページに1で控えたURLを指定します。

③ブラウザーのお気に入りを、Microsoft Edgeに移動する

次に、以下のページの手順に沿ってInternet Explorerのお気に入りをMicrosoft Edgeに移しましょう。