このページの本文へ移動

知っておきたい!
これからの教育と学習

~パソコンで変わる、こどもの未来~

プログラミング学習 学校側の今と今後の教育

2018/11/21  提供:D-SCHOOL

 今やIT技術無しに生活してゆく事は考えられませんが、その根底はプログラムによって支えられています。その為、IT技術者の育成は国家戦略的にも重要な問題です。そこで、小学校でのプログラミング教育必修化や大学入試への導入など、子供のプログラミング教育にまつわる様々な動きが加速しています。そんな最中、子を持つ親としてはプログラミング学習にどう対応すべきなのか、頭を悩ませている人も多いはず。そんな悩みに対し、教育現場の状況を踏まえつつ、対策を考えていきたいと思います。

1.プログラミング学習、学校側の準備は間に合っている?

 2020年度、プログラミング教育が小学校で必修化される事が決まっています。プログラミングはIT技術を支える基礎ともいえるものですから、その恩恵を受けて生きている現代社会に於いては当然の流れと言えるのかもしれません。

 一方で小学校側はこれまでになかったプログラミングという新しい科目を教える準備はできているのでしょうか?このあたり、このグラフからもわかるように残念ながら必ずしも準備万端といえないのが現状のようです。
以下は、平成30年2月1日現在、教育委員会へアンケート行った際の取り組み状況をグラフにしたものです。

  ステージ0:特に取り組みをしていない
  ステージ1:担当を決めて検討中
  ステージ2:研究会や研修を行っている
  ステージ3:授業を実施している

 また、地域によっても準備状況に差があるのも明らかなようです。


出典)「教育委員会等における小学校プログラミング教育に関する取組状況等:文部科学省

 その原因の一つとして圧倒的な人材不足が挙げられています。小学校の先生や教育委員会職員など、これまでのキャリアの中で本格的にプログラミングを経験したという人はかなりの少数派です。IT関連から小学校の先生もしくは教育委員会職員に転職するというキャリアチェンジが一般的でない事からも、想像に難くないですよね。

 本格的なプログラミング経験者のいない現場では「そもそも子供たちに一体何を教えれば良いのか」という事から手探りで対応しているところがほとんどだそう。その生々しい実態は文科省による教育現場へのアンケートからも見えてきます。

 文科省ではそうした現状を打破しようと、プログラミング必須化に向けてのロードマップを作成するなど具体的な動きもみられます。とはいえ、必修化されてしばらくは「プログラミング経験の少ない先生がプログラミング教育を行う」というケースがほとんどのはずですから、うまく回らない事も十分考えられます。またプログラミング経験がある先生に教えてもらうのか、経験が無い先生に教えてもらうのかによって、授業のレベルに大きな差が生じてしまうかもしれません。

2.学校任せだけでなく、家庭でのプログラミング学習も必要?

 今や子供に学ばせたい習い事ランキングで1位を取るほどになったプログラミング。


※株式会社イー・ラーニング研究所調べ

 これからの時代、IT技術がますます発達するであろう事を考えますと、子供のころからしっかりとその理解を深めてほしいというのは当然の思いです。

 一方、先ほどご紹介したように、小学校で必須化されるとはいえ、それがうまく回りだすまでにまだまだ時間がかかりそうです。子供たちが本格的にプログラミングの理解を深めるためには、各家庭で子供のレベルに合わせ、学習する事が重要になってくるはずです。そこでは当然ながら、保護者側もプログラミングについて最低限の理解が求められます。子供だけにプログラミングを学ばせるという意識ではなく、親としても一緒に学ぶといった姿勢が必要なのかもしれません。

3.大学入試でプログラミングが問われる時代が来る?

 2022年には高校の授業に「情報I」が必須科目として新設されるそうです。また、政府が開いた未来投資会議(2018/5/17開催)では「大学入学共通テストでプログラミングを導入する方針」である事が確認されました。今やプログラミングは文系・理系を問わず、国語や英語のような一般教養レベルにまで達しようとしているようです。プログラミングを理解しておくことが大学入試を制するカギを握る、そんな時代がもうすぐそばまで迫っているのかもしれません。

ページの先頭へ