このページの本文へ移動

富士通

タイピングコース タイピングはパソコンの基本!FMVアシスタントキャラクター「ふくまろ」とマスターしよう!

なぜ今、タイピング?
スマートフォンやタブレットの普及でタイピングの必要性が減ったと言われがちですが、むしろ、大人から子どもまでタイピングの必要性は増しています。例えば、仕事でパソコンを使う場合、タイピングが速くなればなるほど、仕事のスピードが上がります。また、子ども向け学習においてもタイピングを必要とする場面は多く、小学校で2020年度から始まる「プログラミング教育」もパソコンを使ったものが主体となってきていますし、今後の大学入試ではコンピュータで行うテストが導入される予定です。
  • ふくまろタイピング キーボードを触ったことがほとんどなくても基礎が身に付き上達する!
  • 月額300円(税込)がまずはお試し! 初月無料!
お申し込みはこちら!
  1. POINT1基礎がしっかり身に付くカリキュラム
    POINT1画像
    拡大する
    ふくまろタイピングでは、「キーの場所」や「ローマ字」など、入力の基礎から
    しっかり学べます。入力中はキーに応じた指使いが色付きで表示され、
    おすすめの手の位置「ホームポジション」なども身に付きます。
    結果画面では、苦手な指や入力ミスの傾向までわかり、基礎が身に付く設計と
    なっています。
  2. POINT2さまざまなジャンルのタイピング練習
    POINT1画像
    拡大する
    勉強や生活に関する単語など、たくさんのタイピングメニューを用意しており、
    タイピングのお題に飽きることがありません。
    また、童話を題材とした長文のお題もあり、実践で役立つ力が身に付きます。

    キー1つずつから長文までできる 全47レッスン

    ※2022年1月現在のレッスン数

      • 基礎の基礎から学びたい

        キーの場所を覚えよう

        (全6レッスン)

        画像
        アルファベット一つずつから学べる基本モードです。アルファベットの配置を覚えることで、タイピングもスムーズになります。

        ホームポジション

        (全8レッスン)

        画像
        キーの場所を覚えたら、理想的な手のポジションを学習しましょう。初めに基礎を固めておくことはとても重要です。

        ローマ字の練習

        (全10レッスン)

        画像
        1文字ずつ、2文字ずつ、4文字ずつ、と、段階的な練習プログラム。無理なく進めることができます。
      • 継続的に練習したい

        学習

        (全5レッスン)

        画像
        ことわざや、フルーツの漢字、歴史上の人物などで行うタイピング。タイピングの練習だけでなく、勉強にもピッタリなカリキュラムです。

        生活

        (全5レッスン)

        画像
        挨拶やセキュリティマナー、掃除のコツ、などのラインナップ。インターネット検索や挨拶状の入力で使う時など、実用的なタイピングスキルが学べます。
      • タイピング力を高めたい

        タイピング

        (全5レッスン)

        画像
        早口言葉や「打ちにくい」文字など、タイピング技能を高めるためのカリキュラム。ミスなくできればよりスキルアップできます。

        その他

        (全8レッスン)

        画像
        日本の昔話、アンデルセン童話など、長文のタイピングコンテンツもご用意。長文はミスが気づきにくく、より実践的なタイピング力が身につきます。
  3. POINT3グラフで自分の成長が見える
    POINT3画像
    拡大する
    タイピング結果をグラフで見ることができ、タイピングがどれだけ上達したか、
    日々の成長がわかり、モチベーションアップにつながります。
  4. POINT4全国ランキングで競える
    POINT4画像
    拡大する
    タイピングのスコアが全国で何位か、ランキング機能で見られます。
    高いランキングを目指すほど、自然とタイピングの練習につながり、
    タイピングが速く、正確になっていきます。
  5. POINT5楽しく続けられる工夫
    POINT5画像
    拡大する
    FMVのアシスタントキャラクター「ふくまろ」と一緒に学んでいくストーリー仕立てで、お子さまでも飽きずに楽しめます。
    また、「タイピングスコア 100達成」など、称号コレクション要素もあり、
    楽しく続けられます。
  6. タイピング学習のカリキュラム例
    • 1ヶ月目
      基礎をしっかり勉強し、基本のフォームを身に付けよう!
      まずは「キーの場所」「ローマ字」からしっかり学習し、タイピングの基本フォームとも言える「ホームポジション」を身に付けましょう!
      目標スコア:56pt~
      到達レベル:D
    • 2-3ヶ月目
      基本が身についたら、まずは一度「腕試し」をやってみよう!
      スコアやWPM(1分間に入力できる文字の数)、正確率がグラフになるので自分の今の実力を見ていこう!
      目標スコア:107pt~
      到達レベル:C
    • 4-5ヶ月目
      スコアやWPM(1分間に入力できる文字の数)、正確率がグラフになるので自分の今の実力を見ていこう!
      練習広場には「学習」「生活」など身近な言葉を集めたタイピング学習がいつでも可能!
      全国平均スコアを超えているかな?
      目標スコア:158pt~
      到達レベル:B
    • 6ヶ月目~
      どんどんタイピングが早くなってきたのではないでしょうか。
      全国ランキングも見られるので、競い合ってさらにタイピングを練習しましょう。周りの人にも一目置かれるようなタイピングの速さに近づいていけます!
      目標スコア:209pt~
      到達レベル:A
お申し込みはこちら!

タイピングコースのよくあるご質問

  • Q1.
    動作環境や注意することはありますか?
    • パソコンの動作環境は、Windows 8.1以降 の Internet Explorer 11 / Edge / Google Chrome 最新版 / Firefoxです。
    • Chrome OSでもご利用いただけます。
    • 「日本語キーボード」が必須です。
    • タブレット・スマートフォンでは動作しません。

    (注)パソコンやネットワークの接続の環境等、様々な原因が影響するため、上記環境で必ずしも動作を保証するものではありません。

    Q2.
    タイピングの練習は必要ですか?
    昨今では学校でパソコンの教育も行われ、基礎的なことは学ぶことができますが、タイピング速度を上げることは教えてもらえません。将来的にパソコンを使った受験、仕事での資料作成等、速くタイピングする必要性が高まると考えられます。「ふくまろタイピング」で楽しく、速くタイピングできるように練習していきましょう。
    Q3.
    タイピングは「ローマ字入力」と「かな入力」とどちらが良いですか?
    おすすめはローマ字入力です。
    「ローマ字入力」は「かな入力」に比較し、覚えるキー位置も少なく、キーを打鍵する範囲も狭くできます。また「かな入力」では英語を入力する際には当然、英字配列を覚えなけばなりません。キーボードに慣れていくためにもハードルの低い「ローマ字入力」で練習をしていきましょう。(「ふくまろタイピング」はローマ字入力での練習です)

上記以外の「よくあるご質問」を見る

お申し込みはこちら!

ページの先頭へ