このページの本文へ移動
富士通がおすすめするWindows 7.

パソコンと直結できるカセットプレーヤー! テープの音源をもっと有効活用してみませんか?

掲載日:2009年9月16日
イラスト:カセットの曲をパソコンに取り込み!

昔は音声を録音するといえばカセットテープが主流で、今でもカセットテープを大切に保管している人は多いと思います。そういった音源をただ聞くだけでなく、パソコンに取り込んで活かしてみませんか? 今回は、パソコンに直接つなげて、カセットテープの音源を手軽に取り込める製品をご紹介します。

カセットテープの音源をパソコンでも活用しよう

CASSETTE to DIGITAL過去に録音したたくさんのカセットテープがあるけれど、ラジカセやカセットデッキなどのカセットプレーヤーが壊れてしまい、聞きたくても聞けなくなってしまった。そのような場合、カセットプレーヤーを修理することになりますが、修理サービスの料金は新品を購入する金額と変わらないことがあり、使っていたカセットプレーヤーに思い入れがないのであれば、新品に買い替えるのも1つの方法といえます。

「CASSETTE to DIGITAL」は、パソコンにUSBケーブルで直結できるカセットプレーヤーです。付属の専用ソフトを利用すればカセットテープの音源をパソコンに取り込むことができます。取り込んだ音声ファイルは、パソコンやデジタル携帯音楽プレーヤーなどで聞いたり、パソコンにプリインストールされているWindows Media Playerなどのソフトを利用してCDにすることもできます。

CASSETTE to DIGITAL

画像:CASSETTE to DIGITAL

カセットテープを手軽にデジタル音源に変換できるUSB接続のカセットプレーヤー。録音・編集ソフトが付属しており、スピーカーを内蔵しているので音を聞きながらパソコンに音声を取り込めます。他に、アナログレコードの音声をパソコンに取り込めるUSB接続のレコードプレーヤー「Record DIGITAL AUDIO」もあります。

本体だけでもカセットテープを再生可能

1.5Wアンプとスピーカー(モノラル)を内蔵しているので、パソコンにつながなくてもカセットテープを再生できます。

外部入出力端子を装備

RCAピンジャックを1系統装備しています。出力端子として利用すればステレオコンポやアンプ、スピーカーなどにつないでステレオ再生が楽しめます。入力端子として利用すれば、カセットテープ以外にも、お手持ちのビデオデッキやラジオ、レコードプレーヤー、ゲーム機などから音声を取り込めます。

カセットテープから音源を取り込む

それではさっそく、CASSETTE to DIGITALを使ってカセットテープの音源をパソコンに取り込む方法を紹介します。

1 ソフトをインストールして機器を接続します
機器接続図 付属のCD-ROMから専用ソフト「Cassette Mate」を指示に従ってインストールしてください。

インストールが完了したら、CASSETTE to DIGITALの「Power/Vol.」つまみをオンにしてから、付属のUSBケーブルでパソコンとCASSETTE to DIGITALを接続します。パソコンに接続すると自動的に認識されます。
2 「Cassette Mate」を起動します
アイコン 「Cassette Mate」のアイコンをクリックします。Cassette Mateの「操作パネル」画面が表示されます。
3 1曲を1つのファイルにする場合の分割方法を指定します
画面イメージ
「トラック分割」ボタンをクリックすることで任意のタイミングでトラックを分割できます。
手動で分割
一定時間ごとにトラックを自動的に分割できます。分割する時間は、「分割時間」欄で1秒単位で指定できます。
指定した時間で分割
音声が一定時間無音になった個所でトラックを自動的に分割します。「無音時間」欄で、認識する無音時間を1秒単位で指定できます。
無音区間で分割
4 曲の情報を記録します
画面イメージ タイトル名やアーティスト名、アルバム名などの情報を記録することができます。音声を取り込む前に情報を入力しておくと、作成される音声ファイルにこれらの情報を自動的に付加できます。
5 必要であれば「オプション設定」でさらに細かい設定をします
アイコン 「オプション設定」ボタンをクリックします。
画面イメージ 「オプション設定」画面が表示されます。
録音ファイル形式:取り込むファイル形式をMP3、WMA、WAV から選択できます。WAV形式を選んだ場合は、手順3で設定した情報は記録されません。
無音レベル:無音と判定するための音量レベルを設定します。手順2で、「無音区間で分割」を選択した場合、ノイズを音声と判断しないようレベルを設定することができます。
6 音声を取り込みます
画面イメージ カセットテープを本体に差し込むと再生が開始されます。再生される音声を確認しながら、取り込みを開始したい個所で「録音」ボタンをクリックします。「停止」ボタンをクリックすると、取り込みを停止できます。ただし、カセットテープの再生/停止は、ソフトウェアから制御することはできません。
7 取り込んだ音声ファイルを確認します
画面イメージ 「録音再生」ボタンをクリックします。
画面イメージ 「録音再生」画面が表示されます。取り込んだ音声ファイルがリストに表示されるので、確認したいファイルを選択して「再生」ボタンをクリックします。

カセットプレーヤーとして使う

商品写真 再生するには、カセットテープを本体に差し込み電源を入れます。

テープを早送りするには、「早送り/イジェクト」ボタンを軽く押します。カセットテープの取り出しは、電源を切ってテープを止めてから「早送り/イジェクト」ボタンを強く押します。なお、巻き戻し機能はありません。巻き戻す場合は、カセットテープのA面B面を入れ替えて、早送りをしてください。

[▲ページ先頭へ]

Copyright(c) 2009 Softbank Creative Inc. All rights reserved.