このページの本文へ移動

パソコンのこと教えて!谷口でんき店

質問「同期」すると、どんないいことがあるの?

Windows 8.1でMicrosoftアカウントを使っていると、「設定を同期」したり、OneDriveを使って「ファイルを同期」したりできるそうですね。この「同期」って、よくわからないんですけど、具体的には、どんないいことがあるんですか?パソコンを2台持っていたら便利らしいことは聞いたんですけど、私は1台しか持っていないし、よくわからないんですよね。

(公開日:2014年12月24日)

回答

「同期」の便利さは、確かにパソコンやタブレットなどを2台使っているとわかりやすいですね。ですが、1台でも、パソコンを初期化したときなどには、同期したデータがバックアップとなって役立ちます。同期のメリットを知っておくと、便利さがよく実感できるようになりますよ。Windows 8.1の場合で、どんなメリットがあるかをご説明しましょう。

操作手順

「同期」でいつでもファイルを最新の状態に

進

パソコン用語での「同期」をかんたんに説明すると、複数のパソコンやスマートフォンなどの間で、指定したファイルなどを同じ状態に保つことができる機能です。

例えば、自宅のパソコンでスケジュール帳を更新し、さまざまな予定を入れたとします。持っているスマートフォンにも同じ内容を反映させられれば便利ですが、コツコツ入力するのは大変ですよね。ここで、スマートフォン内のスケジュール帳とパソコンで入力したスケジュール帳を「同期」すると、全く同じ内容のものがスマートフォン側に反映されるのです。もちろん逆も可能ですので、同期間違いには気をつけましょう。

惣一郎
1つの例ですが、Windows 8.1⁄8ではOneDriveを使って同期ができます。自分のパソコンで見えるOneDrive内のファイルや設定は、インターネットを通じてOneDriveのサーバーに保存することができます。そして、保存されているファイルは編集・更新で最新の状態にできますし、他のパソコンでも同じMicrosoftアカウントを利用すれば、更新されたファイルが利用できるようになります。
進

さらに、1台でも活用できるもう1つの利点が、この「自動的にサーバーにコピーされている」ということです。サーバーのデータが自動のバックアップになります。通常は本体のハードディスクに保存して終わりですよね。

もしも手元のパソコンが故障して、本体からファイルや設定が消えてしまっても、パソコンを復旧して同じMicrosoftアカウントでログインすれば、サーバーからファイルや設定を戻すことができるのです。

OneDrive内に保存されたデータは、「同期」で本体にも同じものを反映させることができるのです。

惣一郎

もう1つの利点としては、アカウントを使用して同期することで、パソコンやスマートフォン、タブレットといった複数の端末を使っているときに、端末間でファイルをコピーする手間が省ける点がありますね。

USBメモリで作業中のファイルを持ち歩く代わりにOneDriveを使えば、作業中の最新のファイルをどの端末からでも使うことができます。せっかく作ったファイルを家に忘れてしまう、という失敗がなくなりますよ。

進

AndroidスマートフォンやiPhoneにはUSBメモリを挿入できませんが、「OneDrive」のスマートフォン用アプリを使えば、同期したファイルを扱うことができます。これも、なかなか便利ですね。

OneDriveで同期するデータを確認・設定する

画面右下にマウスポインターを移動し、チャームを表示して「設定」をクリックします。

 

次へ

「デバイスを開いてファイルを表示する」をクリックしている画面イメージ

「設定」項目が表示されたら「PC設定の変更」をクリックします。

 

次へ

「PC設定」が起動したら「OneDrive」をクリックします。

次へ

OneDriveの設定項目が表示されました。「OneDriveの容量」では使用中の容量が確認できます。

次へ

「同期の設定」では、どの設定項目を同期するかを選択できます。項目ごとのオン/オフを切り替えましょう。

コラム

「同期」にはデメリットもあることを知っておこう

非常に便利な同期ですが、デメリットも考えられます。それは、情報の流出リスクです。サーバーにデータが保存されるので、パスワードが盗まれたり、サーバーが乗っ取られたりした場合に、情報が流出してしまう可能性があります。

パスワードは自分の注意によって安全を保つことができますが、サーバーの乗っ取りは、自分の努力で防げるものではありません。

そのため、流出の対策として、同期するデータを自分で責任を取れるものだけにすることが鉄則です。個人のデータや仲間内のグループで使うファイルならば万が一のことがあっても責任を取れますが、会社の仕事で使うファイルは、個人の責任の範囲を超えます。会社の規定で許可されているのでなければ、同期して使うのは避けましょう。

ポイント

  • 同期は自動のバックアップとしても役立つ
  • 同期によって、ファイルをコピーしたり持ち歩いたりする手間を軽減できる

他にも参考になる記事があります!

Twitterで最新の更新情報やおすすめQ&A、アドバイスをお届けしています。