このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. パソコンのこと教えて!谷口でんき店 >
  5. メールでもらったOffice文書が「安全でない可能性」ってどういうこと?

パソコンのこと教えて!谷口でんき店

質問メールでもらったOffice文書が「安全でない可能性」ってどういうこと?

八百屋さんから、町内会報の原稿のファイルをメールで受け取ったんですけど、ワードで開いたら「このファイルは、インターネット上の場所から取得されており、安全でない可能性があります。」と表示されたんです。これは、ウイルスに感染したファイルってことですか!?私のパソコンも感染しちゃったのかな?どうしよう……!!

(公開日:2015年1月14日)

回答

それは、メールの添付ファイルとして受け取ったOffice文書ファイルを開いたときや、インターネットからファイルをダウンロードしたときなどに、必ず表示される注意のメッセージです。「安全でない可能性があります」というだけで、ウイルス(マルウェア)に感染しているわけではありませんよ。ただ、なぜ注意が必要か、どうやって安全性を確認すればいいかを、知っておくといいですね。

操作手順

パソコンの安全を守る「保護ビュー」の機能

惣一郎

このメッセージは、Officeの「保護ビュー」という機能です。メールの添付で受信したり、インターネットからダウンロードしたOffice文書ファイルを開いたりしたときに、メッセージが表示されます。

保護ビューは、あくまでも注意をうながすものです。メッセージが表示されたからといって、必ずしもマルウェアに感染しているわけではありません。

進

マルウェア」とは、パソコンに悪影響を及ぼすウイルスや、ユーザーの情報を盗むスパイウェアなど、悪意のあるソフト全般のことを指します。

保護ビューは、知らない相手から送られてきたメールや、インターネットで公開されているOffice文書ファイルの形でマルウェアが送り込まれる事例が多かったことから、搭載された機能なんです。

惣一郎
保護ビューの状態では、マクロなどマルウェアに感染する可能性のある機能が無効化されているんですね。問題のないファイルならば、「編集を有効にする」をクリックすれば、普通に使えますよ。
進
安全性を確認するには、手動でファイルをスキャン(マルウェア感染の検査)します。セキュリティソフト「マカフィー リブセーフ -インターネットセキュリティ」では、ファイルを右クリックして、その場ですぐにスキャンできます。特に、インターネットからダウンロードしたファイルは、開く前にスキャンするようにしましょうね。

保護ビューを解除する

「このファイルは、インターネット上の場所から取得されており、安全でない可能性があります。」と表示されたら「編集を有効にする」をクリックします。

次へ

保護ビューのバーが消え、通常どおりに編集できるようになりました。

ファイルを手動でスキャンする

スキャンしたいファイルを右クリックして「スキャン」をクリックします。

※この画面の「スキャン」は、マカフィー社のセキュリティソフトがインストールされている場合に表示されます。

次へ

スキャンが完了しました。問題がなければ「スキャンしました。問題は検出されませんでした。」と表示されます。

※この画面は、マカフィー社のセキュリティソフトがインストールされている場合のものです。

コラム

USBフラッシュメモリから感染するマルウェアにも注意を

マルウェアの感染経路として、メールやインターネットの他にも、USBフラッシュメモリなどの記録メディアがあります。こちらも注意が必要です。文書ファイルを受け渡しするとき、ファイルを保存したUSBフラッシュメモリがマルウェアに感染していると、挿入したパソコンに感染し、被害が広がってしまいます。

USBフラッシュメモリを通して感染するマルウェアの被害を防ぐには、挿入したときに悪意のあるプログラムが実行されてしまうおそれのある「自動再生」を無効にすることが重要です。その上で、ファイルをコピーする前にUSBフラッシュメモリのスキャンをして、マルウェアに感染していないか確認しましょう。

◯自動再生を無効にする

ここではWindows 8.1で自動再生を無効にする設定を行います。「スタート」ボタンを右クリックし、「コントロールパネル」をクリックします。

次へ

「ハードウェアとサウンド」をクリックします。

次へ

「自動再生」をクリックします。

次へ

「自動再生」が表示されたら「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」をクリックし、チェックをはずした状態にして「保存」をクリックします。これで自動再生が無効になります。


◯USBフラッシュメモリを手動でスキャンする

「マイコンピューター」でスキャンしたいUSBフラッシュメモリを右クリックして「スキャン」をクリックします。

※この画面の「スキャン」は、マカフィー社のセキュリティソフトがインストールされている場合に表示されます。

次へ

スキャンが完了しました。問題がなければ「スキャンしました。問題は検出されませんでした。」と表示されます。

※この画面は、マカフィー社のセキュリティソフトがインストールされている場合のものです。

ポイント

  • メール添付やインターネットからのダウンロードで入手したOffice文書ファイルを開くと「保護ビュー」になる
  • 少しでも心配がある場合は、文書を編集する前にウイルススキャンをする

他にも参考になる記事があります!

Twitterで最新の更新情報やおすすめQ&A、アドバイスをお届けしています。