このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. お知らせ >
  4. USBメモリなどの外部メディアを取り外す際にエラーメッセージが表示される現象について

お客様各位

2022年7月13日

富士通クライアントコンピューティング株式会社

USBメモリなどの外部メディアを取り外す際にエラーメッセージが表示される現象について

平素は、当社製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

USBメモリなどの外部メディアを取り外す際にエラーメッセージが表示されたり、USBメモリなどの外部メディアに拡張子が「.tmp」の不明なファイルが生成されたりする現象が報告されております。これはFMVにプレインストールされている総合セキュリティ製品「マカフィー® リブセーフ™」の特定のバージョンを利用している環境で発生することが判明しました。

対象のマカフィー® リブセーフ™をお使いのお客様には大変お手数をおかけいたしますが、以下の対処方法をご参照のうえ、ご対応くださいますようお願いいたします。

なお、2022年7月6日以降に利用を開始されたパソコンにおいては本現象は発生いたしません。

現象

  • マカフィー® リブセーフ™を利用している状態で、USBメモリ(外部メディア)などの安全な取り外しを行えません。
  • マカフィー® リブセーフ™を利用している状態で、USBメモリ(外部メディア)などに保存したExcelやPowerPointなどのファイルを上書きすると、英数字のランダムなファイル名で拡張子「.tmp」の不明なファイルが生成されます。

対象製品

統合セキュリティ製品「マカフィー® リブセーフ™」において、次のバージョンを利用している場合が対象です。

  • バージョン:16.0
  • リリース名:16.0 R45以降

※ リリース名が16.0 R44以前の場合、本現象は発生いたしません。

バージョンの確認方法

マカフィー® リブセーフ™のバージョン確認方法は、次のQ&Aの「バージョン情報の確認」をご覧ください。

対処方法

本現象は、マカフィー® リブセーフ™の今後のバージョンアップで修正される予定です。更新プログラムが利用可能になると自動的にダウンロードし適用されます。

問題を解決したバージョンが提供されるまでは、マカフィー® リブセーフ™をアンインストールし、再インストールすることで現象を回避できます。以下の手順で再インストールを行ってくださいますようお願いいたします。
なお、USBメモリなどの外部メディアに生成された不明なファイルは手動での削除が可能です。

  1. マカフィー® リブセーフ™のユーザー登録がお済みでない場合は、アンインストール前にユーザー登録を行ってください。

    2015年9月・10月・12月発表モデル以降にプレインストールされているマカフィー® リブセーフ™は、初期設定するだけで3年間のライセンスが付与されます。再インストール後も3年間のライセンスを使用するためには、アンインストール前にユーザー登録(メールアドレスの登録)が必要です。

  2. マカフィー® リブセーフ™のアンインストールを行ってください。
  3. マカフィー® リブセーフ™のアンインストール完了後、続けてインストールを行ってください。

ご参考

本件については、マカフィー社も情報を公開しております。以下のページをご覧ください。

McAfeeソフトウェアを実行しているとOffice関連の.tmpファイルがコンピューターの外付けドライブに保持される事象について新しいウィンドウを開く

− 以上 −