このページの本文へ移動

バッテリ充電制御アップデートツール

ノートパソコンをより安全にお使いいただくため、バッテリ充電制御機能のアップデートをお願いしています。
本ページのツールを実行することで、お使いのパソコンがバッテリ充電制御アップデートの対象かどうかをチェックし、アップデートが必要な場合は、ソフトウェアをダウンロードして起動します。なお、お使いのパソコンによって、アップデートするソフトウェアが異なりますので、以下の「ご利用方法」をよくお読みになり、アップデートを適用してください。

既に、「バッテリ充電制御アップデートツール」の画面が表示されている方は、ダウンロードファイルを実行する必要はありません。「ご利用方法」の手順3.から操作してください。操作方法については、以下のQ&A情報でもご紹介しています。

詳細は次のお知らせをご覧ください。

ご使用にあたって(ご使用条件)

動作環境

注意事項

  • 「コントローラー用ファームウェア修正プログラム」または「BIOS書換データ」のアップデートを適用すると、消耗したバッテリをお使いの場合、充電表示が100%であっても、実際のバッテリ駆動時間(充電量)はアップデートを適用する前の約85%になります。
  • 「コントローラー用ファームウェア修正プログラム」または「BIOS書換データ」のアップデートを適用すると、適用前の状態に戻すことはできません。
  • 「バッテリ充電制御ユーティリティ」を適用すると、消耗したバッテリをお使いの場合、実際のバッテリ駆動時間(充電量)はアップデートを適用する前の約65%になります。
  • 「バッテリ充電制御ユーティリティ」はリカバリにより適用前の状態に戻ります。リカバリ後に再度適用が必要です。
  • 「コントローラー用ファームウェア修正プログラム」を適用する前に「BIOS書換データ」のアップデートが必要となる場合があります。対象の装置は「対象機種一覧」でご確認ください。
  • アップデートを適用する場合は、管理者権限が必要です。
  • Windows 7、Windows 8.1をお使いの場合、Windows Updateはノートパソコン以外も含め対象外の装置にも配信されますが、対象外の装置ではアップデートツールが動作することはありません。
  • 「コントローラー用ファームウェア修正プログラム」および「BIOS書換データ」は、2019年4月以降に配信されるWindows 10の大型アップデートには対応しておりません(Windows Updateで配信されてもアップデートツールは動作しません)。後日提供予定です。

ご利用方法

既に「バッテリ充電制御アップデートツール」の画面が表示されている方は、手順3.から操作してください。

  1. 本ページ最後のダウンロードファイルからリンク「FUJITSU Battery Ctrl Update Tool」をクリックします。
  2. お使いの環境によって、表示される画面が異なります。
    • 「セキュリティの警告」が表示された場合

      「実行」ボタンをクリックします。
      セキュリティの警告が表示された場合の画面イメージ

    • 画面の下側に「実行または保存しますか?」と表示された場合

      「実行」ボタンをクリックします。
      画面の下側に「実行または保存しますか?」と表示された場合の画面イメージ

      (注意)Windows ストア アプリ版のInternet Explorerから本ツールを実行した場合はデスクトップ画面に切り替わります。

    • 画面の下側に「行う操作を選んでください」と表示された場合

      「保存」ボタンをクリックします。
      画面の下側に「保存」と表示されている画面イメージ

      セキュリティスキャン実行後、ダウンロードが終了したら「実行」ボタンをクリックします。
      ダウンロードが終了し画面の下側に「実行」と表示されている画面イメージ

  3. チェック結果が表示されます。
    • アップデート対象の場合

      次の画面が表示されたら、手順4に進んでください。

       

      ※ 対象機種一覧でアップデートするソフトウェアが「ファームウェア」となっていても、注2(適用する前に「BIOS書換データ」のアップデートが必要となる場合があります )がついている場合は「BIOS書換えデータ」の画面が表示されることがあります。

    • 「アップデートプログラムは準備中です」と表示された場合

      次の画面が表示されたときは、アップデートプログラムが開発中で、まだ準備できていない状態です。
      5月下旬以降に、再度、アップデートを実行していただきますようお願いいたします。

    • アップデート済み、または対象外の場合

      次の画面が表示されたときは、「閉じる」ボタンをクリックして終了してください。アップデートの必要はありません。

  4. アップデート対象の場合、開始する前に以下をご確認ください。
    • パソコン本体にACアダプタを接続してください
    • アップデート中は電源を切らないでください
    • 使用中のアプリケーションを終了してください
    • アップデート後に再起動やシャットダウンが必要な場合があります
  5. 「開始する」ボタンをクリックすると、ソフトウェアのダウンロードが開始されます。

    (注意)ソフトウェアのダウンロードに失敗する場合は、時間をおいて再度実行してください。

  6. 「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、「はい」ボタンをクリックします。
  7. ダウンロードが終了するとアップデートするソフトウェアが起動し、次のような画面が表示されます。
    • BIOS書換データの場合

      次のような画面が表示されます。「開始」「OK」「はい」などをクリックするとBIOSのアップデートがはじまります。

      BIOSアップデート実行中、次のような画面が表示されます。自動的に終了するまで電源を切らずにお待ちください。

      BIOSアップデートが終了して再起動したあとに、次のような画面が表示された場合は「開始」をクリックしてシステムファームウェアをアップデートしてください。

      また、一部の機種では、システムファームウェアのアップデート後に、コントローラー用ファームウェア修正プログラムのアップデートが開始されます。

      LIFEBOOK AH77/W、AH78/W、WA3/W、AH53/X、AH50/X、AH77/Y、AH90/X、AH90/XG LIFEBOOK AH47/U、AH46/W、WA2/W、WA2/Z、WA2/A3 をお使いのお客様へ

      これらの機種は、アップデートを完了してシャットダウンした後、BIOSセットアップを起動して「標準設定値」に設定する必要があります。詳しくは、次のQ&A事例をご覧ください。

    • コントローラー用ファームウェア修正プログラムの場合

      表示される画面によって次のように操作し、ファームウェアをアップデートしてください。

      この画面が表示されたら「更新」をクリックします。

      この画面が表示されたら「アップデートのために自動で再起動しますがよろしいですか。」をクリックし、チェックを付けて、「更新する」ボタンをクリックします。

    • バッテリ充電制御ユーティリティの場合

      次のような画面が表示されます。「次へ」をクリックしてユーティリテイをインストールしてください。

      インストール直後にバッテリのチェックを行います。バッテリが消耗している場合は、続けて次のいずれかの画面が表示されます。バッテリが消耗していない場合は表示されませんが、今後消耗したことを検知した場合に表示されます。

  8. アップデートが終了したら、パソコンを再起動します。

    ※ 「バッテリ充電制御ユーティリティ」の場合は、再起動をする必要はありません。

  9. 確認のため、再度、以下のダウンロードファイルを実行します。
    「バッテリ充電制御機能アップデートは適用済みです」と表示されたら、操作は終了です。アップデートを促す画面が表示された場合には、画面の指示に従って操作してください。

    ※ 一部の装置では「BIOS書換データ」のアップデートを適用した後、「コントローラー用ファームウェア修正プログラム」を適用する必要があります。

ダウンロード

ダウンロードファイル

ダウンロードデータ FUJITSU Battery Ctrl Update Tool  [ BatteryCtrlUpdate.exe、390KB ( 399,496 bytes ) ]