このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. パソコン活用 クローズアップ! >
  5. 知っていますか?OSのサポートには期限があることを(2/2)

サポート期間が終了したら、何が変わる?

パソコンはそのまま動きますが、これまでにはなかったリスクが生じます

2014年4月9日になってWindows XPのサポート期間が終了しても、Windows XPを搭載したパソコンが動かなくなったりはしません。ソフトウェアも周辺機器も同じように利用できますが、次のようなリスクが生まれていることに注意する必要があります。

セキュリティ更新プログラムの配布が終了し、新しい脅威に対応できなくなる

サポート期間が終了すると、セキュリティ更新プログラムが配布されなくなります。セキュリティ更新プログラムとは、マイクロソフト社が毎月「Windows Update」で配布している、新しく発見された脆弱性などの危険に対処するためのプログラムです。

Windowsは多機能なぶん非常に複雑で、Windows XP発売から何年もたった現在でも、新しく脆弱性が発見されることがあります。また、世界中で使われているWindowsは、それだけ、悪意のあるプログラムなどによる攻撃に晒される機会も多くなるため、新しく確認された攻撃手段からパソコンを守るためにも、セキュリティ更新プログラムは重要です。

サポート期間終了後は新しいセキュリティ更新プログラムが配布されなくなるため、新しい脅威に対応できなくなり、非常に危険になります。メールやブラウザーを使うことはもちろん、ただ接続しているだけで、悪意のあるソフトウェアに侵入されたり、さまざまな攻撃を受けたりするおそれがあります。

セキュリティソフトを提供している各会社は、Windows XPのサポート終了後も条件付きでセキュリティソフトのアップデートを行うと発表してますが、いずれは、こちらのサポートも終了します。

もし、インターネットに接続しないで利用するとしても、悪意のあるソフトウェアの侵入経路はインターネットだけとは限りません。USBメモリなどの記憶媒体でファイルを移動したときに侵入してくることもあります。それに、何より、インターネットに接続しないと、メールやネットショッピングなどの便利な機能やサービスが使えないため、不便になってしまいます。

新しい周辺機器やソフトウェア・サービスに対応できなくなる

Windows XPのサポートが終了すると、今後発売される周辺機器や、新しく提供される新しいソフトウェア・サービスを利用できなくなる可能性が高くなります。

これまでは、新しい周辺機器やソフトウェア・サービスが登場したときに、マイクロソフト社ではWindows XPでも利用できるように、機能の更新プログラムを配布していました。また、周辺機器やソフトウェア・サービスのメーカーでも、現役のOSであるWindows XPで動作するように考慮して製品を開発していました。

しかし、サポート期間が終了すると、セキュリティ更新プログラムと同様に、機能の更新プログラムが配布されなくなります。また、Windows XPは現役でなくなるため、周辺機器やソフトウェア・サービスのメーカーも、対応を考慮しなくなる可能性が高まります。

例えば、今お使いのプリンターが壊れたとき、新しいプリンターを買ってきてもWindows XP搭載のパソコンでは使用できない可能性があります。

今お使いの周辺機器が正しく動作している間は問題がないかもしれませんが、あまり古い環境を使い続けることは、万が一のトラブルのときに周辺機器や必要なメディアが手に入らなくなったりして、急に今までできていたことができなくなる危険があります。サポートが受けられるうちに、新しい環境への移行を考えたほうがリスクを少なくできます。

Windows XPのトラブル解決手段が手に入らなくなる

Windows XPのサポート期間中は、新たな不具合やトラブルが発生した場合、マイクロソフト社による原因調査が行われ、不具合やトラブルの解決手段が提供されました。

ですが、サポートが終了すると原因調査が行われなくなり、公式な解決手段が提供されなくなります。そのため、パソコンメーカーのサポート窓口にWindows XPに関する問い合わせをしても、マイクロソフト社から解決手段を得られず、問題が解決できないおそれがあります。

パソコンが壊れると修理が不可能な場合も

パソコンメーカーは製品の機能を維持するために必要な部品を保有する期間(最低保有期間)を定めています。最低保有期間がすぎると、必要な部品がないこともあるため、修理できなくなる場合があります。

Windows XPを搭載した富士通パソコンは2013年7月末で、最低保有期間が終了しています。

Windows XPのサポート終了までに、新しいパソコン環境を考えておこう

2014年4月に、12年以上続いたWindows XPのサポートが終了し、今までどおり使い続けることはむずかしくなります。

サポート終了までは、まだ時間があります。新しいパソコンを使うとしたら、どのような用途で使い、どのような機能が必要か、データはどのように移行しようか、といったことを考えておきましょう。

Windows XPのサポートについて疑問・不安を相談しよう!

当社では、Windows XPサポート終了に関する疑問をわかりやすく回答・解説するページを開設しました。新しいパソコン環境を考える助けとして、ぜひご活用ください。

Twitterで最新の更新情報やおすすめQ&A、アドバイスをお届けしています。