1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. あなたならどうする?古いパソコンの活用&処分方法
サイト共通ヘッダです。 ここから本文です

あなたならどうする?古いパソコンの活用&処分方法

古いパソコンを売って処分する

古いパソコンの活用&処分方法
中古品として売られている古いパソコンのイラスト これまでは古いパソコンを活用する方法を紹介してきました。しかし、新しいパソコンが1台あれば十分、というのであれば、古いパソコンは処分することになります。処分するといっても、リサイクル処分に出すか中古として売るか、どちらかを選択することになります。そこで、ここでは「売る」という選択肢について紹介していきましょう。

パソコンを売る方法として代表的なのは以下の3つです。

・中古パソコン買い取りショップで売る
・ネットオークションで売る
・パソコン購入時に下取りに出す

大手のパソコンショップなどでは、中古パソコンの買い取りを行うお店があります。このようなお店では、売りたいパソコンの型番や商品名から、だいたいの買い取り価格を知ることができるので、尋ねてみてもよいでしょう。このようなお店で売る場合、人気の機種や新しめのパソコンほど高く売ることができます。

利用者が急増した「ネットオークション」での個人売買も1つの方法です。自分で最低価格を決めることもできますが、基本的には入札する人の欲しい値段で取引されます。まずは、自分と同じ型番のパソコンが出品されていないかを確認し、その金額を目安にするとよいでしょう。これも人気の機種や新しめのパソコンは高く売ることができます。とくに、ファンが多い機種だと、思った以上に高く売れるケースもあります。

また、ネットオークションで販売してみると、下取りでは査定がつかないパソコンでも売れることもあります。特にデスクトップパソコン用のモニタなどは、単体でも売れることがあるので、本体がダメでも売れるものがないかどうか調べてみましょう。モニタが売れたお金をパソコン本体の買い替え費用に割り当てるのも賢い方法です。

以上の2つの方法で売る場合、気を付けなければならないのはハードディスクの内容の消去です。売る際にリカバリをしてパソコンをまっさらにしますが、これだけですと、以前に保存していた個人的なファイルが完全に消えずに残っている場合があります。なかにはわざわざ購入したパソコンを調べて、個人的なファイルを抜き出してしまうような悪意のある人もいるかもしれません。

完全にデータを消去するには、専用のソフトや企業によるデータ消去サービスを利用する必要があります。2002年冬モデル以降に発売されたFMVシリーズには、データ消去用のツールが標準で付属しています。それ以前のFMVでは、市販のデータ消去ソフトを購入して利用しましょう(画面17)。データ消去ソフトもAzbyClub Selectionで販売しているのでそちらも参考にしてください。
画面17 Acronis DriveCleanser Personalの画面写真。クリックすると拡大。 画面17
ソースネクスト
Acronis DriveCleanser Personal
自分で消去したつもりでも、ハードディスクに保存したデータは残ってしまう。パソコンが人の手に渡るときは、このような市販のデータ消去ソフトを使って、確実にデータを消去しよう

●AzbyClub Selectionで購入できます
新しいパソコンに買い替えようとしている人や、データ消去の問題などでお店やネットオークションで売るのが不安な人には、下取りサービスを利用する方法がオススメです。富士通のショッピングサイト「WEB MART」では、FMVシリーズの下取りサービスを行っています(画面18)。パソコンのリユース(再生)・リサイクルを専門とするデジタルリユース株式会社と提携したサービスで、WEB MARTで新しいパソコンの購入を検討している人を対象に、中古パソコンの下取りをしてくれます。
画面18 WEB MARTの「パソコン下取りサービス」紹介ページの画面写真。クリックするとジャンプ。 画面18
「WEB MART」の下取りサービスなら、送料無料で業者がパソコンを引き取りに来てくれる。WEBから手軽に下取り価格が調べられるので、事前にチェックしておこう
この下取りサービスを利用すると、富士通指定業者が自宅まで無料で引き取りに来てくれるので便利なうえ、パソコン内のデータも工場で完全に消去してくれるので安心です。富士通製のパソコンだけでなくNECや東芝などのパソコンも下取りに出すことができます。ただし、デスクトップモデルではCPUクロック数500MHz以上、ノートモデルではCPUクロック数200MHz以上など条件がありますので、パソコンの下取り価格や最新情報をチェックしましょう。また故障しているパソコンは下取りすることができません。この場合は、後ほどご紹介するPCリサイクル法に従ってパソコンを処分してください。

売るパソコンのモデルが新しいほど査定金額は大きくなりますが、お使いのパソコンの状態によって変わりますので、見積もりで確認してみてください。また、そのときどきでお得なキャンペーンを実施しており、新品のパソコンをさらに安く購入するチャンスもありますので、ぜひチェックしてみましょう。

中古のパソコンを売る場合、同等のスペックのパソコンだとしても、外観が汚いものや付属品が足りないものは、どうしても査定価格は低くなりがちです。そこで少しでも高く売りたいときは、下のようなポイントに気を配ってみましょう。

・不要になったらすぐ売る → 新しいモデルほど高く売れる
・付属品を揃える → 足りないと査定価格が下がる
・きれいに掃除しておく → 本体背面やキーボードも忘れずに

下取りやネットオークションなど、便利なサービスを上手に利用して、お得にパソコンを処分するのも賢い方法です。

●WEB MARTの「パソコン下取りサービス」のページはこちら

改正リサイクル法に従ってきちんと処分

古いパソコンの活用&処分方法
中古として売ることもできない不要パソコンは、決められた手続きに従って処分しましょう。冒頭でも掲載したように、PCリサイクルには決まった手数料がかかるのでそれを支払う必要があります(表2)。これは富士通の料金表ですが、一部例外を除き、ほぼすべてのメーカーがこれと同じ料金体系になっています。

表2 FMVの回収再資源化料金


リサイクルマーク付き リサイクルマークなし
デスクトップパソコン本体 無料 各3,150円
ノートパソコン 無料 各3,150円
液晶ディスプレイ/液晶一体型パソコン 無料 各3,150円
CRTディスプレイ/CRT一体型パソコン 無料 各4,200円
※ この表の料金は、2004年8月現在のものです。
PCリサイクルの方法はいくつかありますが、FMVシリーズの場合は「富士通リサイクルセンター」でリサイクル処理を申し込むとよいでしょう。PCリサイクルマークの付いていない機種は、規定の処分費用が必要です。受付センターで登録すると、必要な費用などが表示されます(画面19)。支払い方法は、郵便振替・クレジットカード・コンビニ払いから選べます。
画面19 「富士通リサイクルセンター」の受付ページの画面写真。クリックするとジャンプ。 画面19
「富士通リサイクルセンター」では、AzbyClubで会員登録しておけば、登録したモデルから処分するモデルが選択できる。もちろんここに登録していなくても、リサイクル受付をすることができる
これらの登録手続きをすると、1週間後ぐらいに「エコゆうぱっく伝票」が送られてきます。段ボール箱や破れにくい袋などを自分で用意し、それでパソコンを梱包して郵便局に持ち込むか、戸口集荷を申し込みます。もちろん購入時の箱があれば、そのまま使ってかまいません。あとは郵便局が、リサイクルセンターまで届けてくれます。

リサイクルセンターに、個人がそのまま持ち込むことはできません。また自治体のゴミ処分場でも、基本的に受け付けてくれません。自治体によって対応が異なりますが、多くはPCリサイクル法の施行に伴って、パソコンの収集を停止しています。必ず、メーカーのリサイクル窓口を通して処分してください。ちなみに、ショップブランドや、倒産したメーカーのパソコンなども「パソコン3R推進センター」が有償で回収を行います。また、本体はFMVでモニタは他社製というような場合は、それぞれのメーカーにリサイクル手続きをしてください。

古いパソコンが固形燃料、ガラス、鉄、銅、アルミ等にリサイクルされることを解説しているイラスト 申し込み内容と異なるものを送った場合は、リサイクルセンターでの検品で調べられ、ユーザーに返品されることになります。このため、余計なものを入れたりしないようにしてください。デスクトップパソコンの場合、キーボードやマウスなどの標準添付品は、一緒にリサイクルに出すことができます。ただし、取扱説明書やCD-ROMなどは一緒に出せないので、注意しましょう。

PCリサイクルは少し手間はかかりますが、限りある資源を再利用するために大切なことです。パソコンには稀少資源も多く使われているため、リサイクルによってトータルでは大きなエネルギーの節減につながっているのです。いままで大事に使ったパソコンなのですから、最後まできちんと責任を持って面倒をみてあげましょう。
(文:板橋弘道、イラスト:松元千春)
ご感想をお寄せください。
■ 今回の特集はいかがでしたか?(必須)
■ その他、何かご意見やご感想がありましたらお書きください。
※こちらに質問をご記入いただいても回答できませんので、あらかじめご了承ください。
このページの先頭へ
前のページへ | 1 | 2 | 3 |