サイト共通ヘッダーです。 ここから本文です

奥様は魔女!?七窓家のワクワクWindows 7生活 Windows Live メールを便利に使いこなそう

迷惑メール対策機能で迷惑メールをシャットアウト

Windows Live メールには、メールの受信時に迷惑メールだけを自動的に仕分けし、「迷惑メール」フォルダーに振り分ける迷惑メールの自動振り分け機能が付いています。しかし、迷惑メールなのに迷惑メールとして仕分けられず、そのまま受信トレイに振り分けられることがあります。このような場合は迷惑メールの自動振り分け機能の設定を見直してみましょう。

迷惑メールの振り分け設定を変更する

「セキュリティのオプション」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

「メニュー」をクリックして「セキュリティのオプション」をクリックします。

迷惑メールの処理レベルを変更して「OK」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

「セキュリティのオプション」画面が表示されます。「オプション」タブをクリックし、迷惑メールの処理レベルを「高」に変更して「OK」をクリックします。

特定の国や言語のメールを迷惑メールとして処理する

「セキュリティのオプション」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

迷惑メールの中には、特定の国から送られてくるものや、日本語以外の言語で書かれているものがあります。これらの情報を条件にして迷惑メールとして処理できます。「メニュー」をクリックして「セキュリティのオプション」をクリックします。

「ブロックするトップレベルドメインリスト」をクリックしている画面イメージ

「セキュリティのオプション」画面が表示されます。「インターナショナル」タブをクリックして「ブロックするトップレベルドメインリスト」をクリックします。

ブロックしたい国にチェックをつけて「OK」をクリックしている画面イメージ

ブロックしたい国や地域をクリックして選択し「OK」をクリックします。

「ブロックするエンコードリスト」をクリックしている画面イメージ

ブロックする言語を設定したい場合には「セキュリティのオプション」画面の「インターナショナル」タブで「ブロックするエンコードリスト」をクリックします。

日本語以外にチェックをつけて「OK」をクリックしている画面イメージ

日本語以外をすべてブロックするには「すべて選択」をクリックして「日本語」のチェックを外して「OK」をクリックします。

「セキュリティのオプション」画面に戻り「OK」をクリックしている画面イメージ

「OK」をクリックします。

迷惑メールとして振り分けられたメールを受信トレイに戻す

メールを選択して「迷惑メールではないメール」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

通常のメールが迷惑メールとして処理されることがあります。そんなときには「迷惑メール」フォルダーをクリックし、受信トレイに戻したいメールを選択して「迷惑メールではないメール」をクリックします。

Outlook 2007で迷惑メールとして振り分けられたメールを受信トレイに戻すには

Outlook 2007には、Windows Live メールと同様に迷惑メールを迷惑メールフォルダーに自動的に振り分ける機能が付いています。通常のメールが迷惑メールとして振り分けられてしまうことがありますが、簡単に受信トレイに戻すことができます。

メールを選択して「迷惑メールではないメール」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

「迷惑メール」フォルダーをクリックし、受信トレイに戻したいメールを選択して「迷惑メールではないメール」をクリックします。

「OK」をクリックしている画面イメージ

「迷惑メールではないメールとしてマーク」画面が表示されるので、「OK」をクリックします。