サイト共通ヘッダーです。 ここから本文です

奥様は魔女!?七窓家のワクワクWindows 7生活 Windows Live メールを便利に使いこなそう

カレンダー機能で予定表を一元管理

Windows Live メールには、スケジュールの管理に便利なカレンダー機能が付いています。カレンダーに予定を書き込んだり、予定を確認したり、書き込んだ予定をメールで送信したりできます。また、複数のカレンダーを1つの画面上で一元管理できるので、カレンダーを追加することにより、仕事とプライベートでスケジュール管理を分けるといった使い方も可能です。

カレンダーを追加する

「カレンダー」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

ショートカットにある「カレンダー」をクリックします。

「カレンダーの追加」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

カレンダー画面が表示されます。「カレンダーの追加」をクリックします。

カレンダーの名前と分類する色を設定して「保存」をクリックしている画面イメージ

「カレンダーの追加」画面が表示されます。「カレンダー名」にカレンダーの名前を入力し、分類する色を選択して「保存」をクリックします。

カレンダーが追加された画面イメージ(クリックして拡大)

カレンダーが追加されました。これでカレンダーに予定を書き込む際に追加したカレンダーを選ぶことができるようになります。

予定を追加する

「新しい予定」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

予定を追加したい日を右クリックして「新しい予定」をクリックします。

「新しい予定」の画面イメージ(クリックして拡大)

「新しい予定」画面が表示されます。

予定を入力している画面イメージ(クリックして拡大)

「件名」欄に予定の名前を入力します。予定の時間を設定する場合には、「終日」のチェックを外してから「開始」欄と「終了」欄で設定します。予定が終日の場合は「終日」をチェックしたままでOKです。

予定を追加するカレンダーを選択している画面イメージ(クリックして拡大)

「カレンダーの選択」では予定を追加するカレンダーを選択できます。

「定期的な予定の設定」を選択している画面イメージ(クリックして拡大)

繰り返す予定の場合は「定期的な予定の設定」欄で選択します。

「上書き保存して終了」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

予定の内容をすべて設定したら「上書き保存して終了」をクリックします。

予定がカレンダーに追加された画面イメージ(クリックして拡大)

予定がカレンダーに追加されました。カレンダーごとに予定が色分けされています。カレンダーのチェックをオン・オフすることで、表示するカレンダーを切り替えることができます。

Outlook 2007で予定を追加するには

Outlook 2007の予定表機能は、Windows Live メールのカレンダー機能と比べ、グループ内で予定を共有するのに便利な機能が用意されているのが特長です。予定を追加する方法はWindows Live メールとほとんど同じです。

「新しい予定」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

「予定表」をクリックして予定表の画面を表示します。予定を追加したい日を右クリックして「新しい予定」をクリックします。

予定を入力し、「定期的なアイテム」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

「件名」欄に予定の名前を入力し、予定の時間を「開始時刻」欄と「終了時刻」欄で設定します。予定が終日の場合は「終日」をチェックします。予定を繰り返す場合は「定期的なアイテム」をクリックします。

定期的な予定を設定し「OK」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

「定期的な予定の設定」画面が表示されます。「パターンの設定」欄で繰り返しのパターンを設定し、「期間」欄で繰り返しの範囲を設定します。設定が終わったら「OK」をクリックします。

予定の分類を選択している画面イメージ(クリックして拡大)

「分類」をクリックし、予定の分類を選択します。

「保存して閉じる」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

すべての設定が終わったら「保存して閉じる」をクリックします。

予定がカレンダーに追加された画面イメージ(クリックして拡大)

予定が追加されました。