このページの本文へ移動
  1. Windows Vista サポート終了 相談室 >
  2. おさえておきたい!Vistaサポート終了に関する基礎知識

Windows Vista サポート終了(2017年04月11日) 相談室

おさえておきたい!Vistaサポート終了に関する基礎知識

Windows Vistaサポート終了って何?

「更新プログラム」の提供が受けられなくなること
マイクロソフト社は、Windowsのバージョンごとにサポート期間を設定し、ソフトウェアの不具合やセキュリティの問題などを解決するための「更新プログラム」を提供しています。Vistaサポート終了後は、この「更新プログラム」の提供が受けられなくなります。
「更新プログラム」の提供は終了しました
Windows Vistaの場合は、2017年4月11日(日本時間で4月12日)で「更新プログラム」の提供が終了しました。Windows Vistaを使い続けている場合は、今すぐ対策をしましょう。
終了するインターネットサービスが出てくる
Windows Vistaのサポートが終了すると、インターネット上のサービスもセキュリティの観点からサポートを終了していきます。国税庁が提供しているサービスや銀行や証券会社などのインターネットサービスをご利用されているお客様は、Windows Vistaのサポートが終了する前にパソコンを乗り換えましょう。

私のパソコンは対象なの?

「判定」ボタンを押して「Windows Vista」と表示されたらサポート終了の対象です
今、お使いのパソコンが対象のパソコンなのか判定してみましょう。
判定ボタンを押すと判定結果が表示されます。

Officeのバージョンの確認方法

  1. 画面左下の[スタート]をクリックし、[すべてのプログラム]にマウスカーソルを合わせます。
  2. [Microsoft Office]にマウスカーソルを合わせます。Officeソフトの一覧が表示されますので、 各ソフトの後ろに付いている数字を確認してください。この数字がバージョンです。

サポート終了後も使い続けると危ない?

セキュリティ面で大きな不安を抱えることに
マイクロソフト社から「更新プログラム」が提供されないため、それを狙ったウイルスやマルウェアに感染しやすくなります。最新のセキュリティソフトを使っても防げない場合があります。
自分が加害者になることも
最近のウイルスの中には、感染したパソコンを踏み台にして、他のパソコンを攻撃し、気づかないうちに自分が加害者になってしまう場合があります。トラブルに巻き込まれる前に、新しいOSが搭載されたパソコンに乗り換えましょう。

自分にあった対策は何?

一番のおすすめの対策は「最新のOSが搭載されたパソコン」への乗り換え
最新のOSでは、セキュリティが強化されており、また、ハードウェアもVistaが発売された時期よりも大幅に進化しています。安全や使いやすさを考えると、「最新のOSが搭載されたパソコン」への乗り換えが一番のおすすめです。
他にはどんな対策があるの?
他にも以下のような対策があります。
「新しくパソコンを買うのはちょっと……」とお考えの場合は、お客様にあった対策があるかもしれません。
それぞれ一長一短があり、安易に利用すると、あとでトラブルになる場合があるので、次のような対策をとられる場合は、必ず事前に「パソコン乗り換えご相談窓口」へご相談ください。
  • パソコンを複数台お持ちの場合は、他のパソコンに乗り換える。
  • お使いのパソコンを、Windows 7にアップグレードする。
  • パソコンの利用をやめて、他のデバイス(スマートフォンなど)を利用する。
  • パソコンを乗り換えないで、Windows Vistaのまま使い続ける。

お問い合わせ窓口のご紹介

「サポート終了」についてご紹介しました。パソコンは難しくてわからないと思われるお客様にも、Windows Vistaは、すでにサポートが終了しているため「何かしなくちゃいけない」というメッセージだけでもお伝えできればと思います。
Windows Vistaのサポート終了に関して、ご不明な点がございましたら「パソコン乗り換えご相談窓口」までご相談ください。