このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. バリューplus >
  4. PC引取点検サービス >
  5. サービス利用規約 >
  6. ハードディスクアップグレードサービス利用規約

PC引取点検サービス

サービス利用規約

ハードディスクアップグレードサービス利用規約

ハードディスクアップグレードサービスのお申し込み前に必ず本利用規約をお読みください。

第1条(本利用規約の適用)

  1. 本利用規約は、富士通クライアントコンピューティング株式会社(以下「当社」といいます)が提供する当社製パーソナルコンピュータの引き取り点検を行う「PC引取点検サービス」のオプションサービスとして提供する「ハードディスクアップグレードサービス」(以下「本サービス」といい、詳細は第5条に定めるものとします)を、お客様が利用する際の一切に適用されます。
  2. 本利用規約は、「PC引取点検サービス」利用規約に優先して適用されるものとし、本利用規約に定めのない事項および用語等については、「PC引取点検サービス」利用規約が適用されるものとします。

第2条(対象機器)

本サービスの対象となる機器(以下「対象機器」といいます)は、お客様が日本国内において購入された日本国内向け当社製パーソナルコンピュータ(詳細は専用ホームページに記載します)とします。

第3条(本サービスの申込方法・条件等)

  1. お客様が、本サービスを申し込むにあたっては、「PC引取点検サービス」に申し込まれていることが前提となります。
  2. お客様は、本サービスの利用を希望する場合、本利用規約に同意のうえ、「お申し込み窓口」(0120-922-240 ・通話料無料)にて「PC引取点検サービス」のオプションとして本サービスの利用を申し込む、または「PC引取点検サービス」利用規約第8条第3項に基づき申し込むものとします。
  3. お客様の対象機器内の本サービスにより交換するハードディスク(以下「お客様ハードディスク」といいます)は、対象機器の工場出荷時のハードディスクである必要があります。なお、ハードディスクを2つ以上搭載する対象機器においては、本サービスにより交換するお客様ハードディスクは1つに限られます。
  4. 本サービスの利用に関する契約は、当社が、お客様からの本サービスの利用の申し込みに対し、承諾を行なった時点で成立するものとします。
  5. 本サービスの提供地域は、日本国内に限らせていただきます。
  6. 当社は、本サービスに係る業務の全部または一部を第三者に委託できるものとします。

第4条(本サービス利用の前提条件)

お客様は、本サービスを利用するにあたり、申し込み時に、以下に定めるすべての事項に同意いただく必要があります。

  1. (1)   当社が、本サービス実施後にオペレーティングシステムの初期セットアップ作業を行う場合、当社がかかる作業にあたって必要なライセンス条項への同意行為および必要項目の入力をお客様に代わり行うこと。
  2. (2)   本サービスにより、対象機器の記憶装置(お客様ハードディスク等)に記憶されたデータ、プログラムおよび設定内容(以下総称して「データ等」といいます)がすべて削除されること。
  3. (3)   お客様がオペレーティングシステムのダウングレード権により対象機器のオペレーションシステムをダウングレードされていた場合に、ダウングレード前の状態に戻ること。
  4. (4)   お客様が対象機器のオペレーティングシステムをアップグレードされていた場合に、アップグレード前の状態に戻ること。
  5. (5)   本サービスを行った後に、お客様が独自にインストールするソフトウェア等またはお客様が独自に対象機器に搭載もしくは接続するハードウェア等に異常が生じた場合であっても、当社では当該異常について一切保証しないこと。なお、かかる場合には、お客様ご自身で、当該ソフトウェア等またはハードウェア等の購入先等へお問合せいただく必要があること。
  6. (6)   対象機器ごとに設定される補修用性能部品の最低保有期間(対象機器に同梱されている説明書記載のとおりとなり、以下「部品最低保有期間」といいます)内に限り本サービスを実施すること。また、部品最低保有期間内であっても、補修用性能部品の在庫切れ等が生じたときは、本サービスを実施できないこと。これらの場合、本サービスに関する契約は解除されるものとし、当社は自己の費用負担により対象機器をお客様に返却すること。なお、補修用性能部品とは、お客様ハードディスクと機能、性能が同等なハードディスク(再利用品および故障部品の再利用も含む)をいうものとします。
  7. (7)   本サービスの実施により交換されたお客様ハードディスクについては、お客様はその所有権を放棄するものとし、当社は、当該お客様ハードディスクをお客様に返却しないこと。
  8. (8)   当社は、本サービス作業実施期間中の対象機器の代替機の貸し出しを一切行わないこと。また、本サービス作業実施期間中、および本条第(6)号により対象機器をお客様に返却するまでの期間中、対象機器を使用できないことに起因する損害、逸失利益等については、当社は一切責任を負わないこと。

第5条(本サービス)

本サービスの内容は、以下の各号のとおりとします。

当社は、お客様の対象機器においてアップグレード可能な限度のハードディスク容量を提案し、お客様ハードディスクを当該提案の範囲内でお客様にてご指定された容量にアップグレードしたハードディスク(以下「交換ハードディスク」といいます)へ交換します。なお、交換ハードディスクは、補修用性能部品を使用します。

第6条(本サービス実施後の修理)

本サービスが実施された対象機器の交換ハードディスクに交換修理が必要になり、お客様が富士通パーソナルコンピュータ修理規定に基づき日本国内で当該交換修理の申し込みを行った場合、当社は交換ハードディスクの容量と同等のハードディスクに交換する修理を有償または無償にて実施します。

第7条(オプション料金)

  1. 本サービスの利用料金(以下「オプション料金」といいます)は、専用ホームページに定めるとおりとします。
  2. オプション料金は、「PC引取点検サービス」の利用料金に付加し、「PC引取点検サービス」利用規約第5条第2項および第3項の定めに従ってお支払いいただきます。
  3. お客様は、対象機器の保証期間(保証書に定める保証期間をいい、以下同じとします)の内外を問わず、本サービスの利用にあたってはオプション料金を支払うものとします。

第8条(責任の限定)

  1. 本サービス実施日より3か月以内に、交換ハードディスクに瑕疵が発見され、対象機器の返却時にお客様にお渡しした「点検サービス報告書」を添えてその旨お客様より当社にご連絡いただいた場合、当社は自己の責任と費用負担において当該瑕疵を修補します。ただし、当該瑕疵の修補には、データ等の修復は含まれないものとします。なお、ここでいう瑕疵とは、本サービス実施後の対象機器について当社所定の診断を行った結果、当該対象機器に搭載されたハードディスクに物理的な故障(ソフトウェアに起因する故障は含まれません)が確認できる場合をいいます。
  2. 合理的な範囲で当社が当該瑕疵の修補を実施したにもかかわらず、当該瑕疵が改善されなかった場合には、当社は、当該瑕疵に起因してお客様に生じた損害につき、賠償責任を負うものとします。
  3. 本サービスのご利用に関連して当社がお客様に対して損害賠償責任を負う場合、その賠償額は、オプション料金相当額を上限とします。また、当社は、当社の責に帰すことのできない事由から生じた損害、当社の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益については、責任を負わないものとします。
  4. 前項の損害が、当社の故意または重大な過失により生じた場合には、前項は適用されないものとします。

第9条(変更)

  1. 当社は、以下の事項を変更する必要が生じた場合は、お客様に対する通知をもって変更できるものとします。なお、当該通知は、専用ホームページでの表示により行われるものとします。
    1. (1)   本利用規約の内容
    2. (2)   オプション料金
    3. (3)   本サービスの内容
  2. 当社が本サービスにかかる事業を第三者に譲渡する場合には、お客様の承諾を得ることなく、当該事業譲渡に伴い、本規約に基づく権利および義務ならびにお客様の登録情報その他の情報等を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第10条(準拠法)

本利用規約は、日本法に準拠し解釈されるものとします。

付則

本利用規約は、2018年4月1日から実施します。