このページの本文へ移動

Windows 10 October 2020 Update(Windows 10, version 20H2)の提供について − 注意事項

注意事項

バッテリー駆動時のスリープ中のネットワーク接続の設定が、「通信なし」に変更されています。

本注意事項の対象となる機種は次のとおりです。

arrows Tab
QH30/W、QH35/W、QH55/X、WQ2/X、WQ2/B1、QH34/B1、QH35/B1、QH34/B2、WQ2/C1
LIFEBOOK
MH75/D2、MH35/D2、NH90/E2、NH93/E2、WN1/E2、NH77/E3、NH75/E3

内容

バッテリー駆動時のスリープ中のネットワーク接続の設定が、「通信なし」に変更されています。

詳細・対処方法

Windowsの仕様です。
「Windows 10, version 2004」以降では、バッテリー駆動時のスリープ中のネットワーク接続の設定が、「通信なし」に変更されています。

スリープ中のネットワーク設定を変更する場合は、次の手順よりアプリごとに設定してください。

【スリープ中のネットワーク設定変更手順】

  1. [スタート]ボタン→[設定]→[システム]の順にクリックします。
  2. [バッテリー]→[アプリごとのバッテリー使用量]にて任意のアプリをクリックします。
  3. [このアプリをバックグラウンドで実行できる場合を選択します]のリストから、変更したい設定を選択します。
    • 常時:常にバックグラウンドで動作します。
    • Windowsで自動的に選択する:バッテリー駆動時はバックグラウンドで動作しません。
    • なし:常に動作しません。