このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. パソコン活用 クローズアップ! >
  5. 撮りっぱなしにしていませんか?編集してみんなで楽しめる動画にしよう!(2/2)

無駄な部分はカットしよう

動画を撮影したものの、前後に不要な部分があり、長くなってしまうことはないでしょうか。そんなときは、不要な部分をカットしましょう。この作業を「トリミング」といいます。

ストーリーボードの画面イメージ

ストーリーボード上で、トリミングしたいクリップをダブルクリックします。

次へ

[トリムツール]ボタンをクリックしている画面イメージ

[トリムツール]ボタンをクリックします。

次へ

開始位置を右方向にドラッグしている画面イメージ

開始位置を右方向にドラッグすると、それ以前の部分をカットしてトリミングできます。上の画面で、トリミング位置の映像を確認できます。

次へ

終了位置を左方向にドラッグしている画面イメージ

終了位置を左方向にドラッグして、トリミング位置を決定します。

次へ

[トリムの保存]ボタンをクリックしている画面イメージ

トリミングできたら、[トリムの保存]ボタンをクリックします。これで、トリミングは完了です。

クリップの間に切り替え効果を設定しよう

クリップが切り替わるときには、いきなり映像が替わるだけでなく、さまざまな効果を加えることもできます。例えば、次のシーンがモザイク状に表れたり、ゆっくりフェードインしたりする効果を設定できます。

切り替え効果を設定したいクリップをクリックして選択した画面イメージ

切り替え効果を設定したいクリップをクリックして選択します。

次へ

[アニメーション]タブをクリックした画面イメージ

[アニメーション]タブをクリックします。一覧の[▽]ボタンをクリックします。

次へ

効果から「チェッカー」を選択した画面イメージ

一覧から使ってみたい効果をクリックします。今回は「チェッカー」を選択してみます。

次へ

選択した効果のイメージがその場で再現されている画面イメージ

選択した効果が設定されます。効果のイメージがその場で再現されるので、さまざまな効果を試してみましょう。

作品のタイトルやBGMを設定しよう

作品が形になってきたら、オープニングにタイトル画面を追加しましょう。映画みたいに見る人に期待してもらえそうです。さらに、BGMを付ければ、作品を盛り上げることができます。

ストーリーボード上でタイトルの挿入位置を選択した画面イメージ

ストーリーボード上でタイトルの挿入位置を決定します。

次へ

[ホーム]タブの[タイトル]ボタンをクリックしている画面イメージ

[ホーム]タブの[タイトル]ボタンをクリックします。

次へ

作品のタイトルとなる文字を入力した画面イメージ

作品のタイトルとなる文字を入力します。

次へ

[背景色]ボタンをクリックしている画面イメージ

[背景色]ボタンをクリックして、タイトルの背景色を設定します。

次へ

タイトルの文字サイズ、文字の色などを設定している画面イメージ

タイトルの文字サイズ、文字の色などを設定します。

次へ

タイトルを作成した画面イメージ

タイトルを作成できました。ムービーの最後には、「クレジット」も同じ方法で追加してみましょう。

次へ

[ホーム]タブの[音楽の追加]ボタンをクリックし、[音楽の追加]を選択している画面イメージ

続いて、BGMを設定します。[ホーム]タブの[音楽の追加]ボタンをクリックし、[音楽の追加]を選択します。

次へ

音楽ファイルを選択し、[開く]ボタンをクリックしている画面イメージ

音楽ファイルを選択し、[開く]ボタンをクリックします。

次へ

編集画面に音楽のパートが追加された画面イメージ

編集画面に音楽のパートが追加されます。

次へ

音楽を終了する位置をクリックして、「音楽ツール」の[オプション]タブで[終了位置の設定]をクリックしている画面イメージ

音楽を終了する位置をクリックして、「音楽ツール」の[オプション]タブで[終了位置の設定]をクリックします。

「プロジェクトの保存」と「ムービーの保存」を実行しよう

作品が完成したら、忘れずに保存しましょう。このとき、以下の2つの方法で保存しておきます。

  • プロジェクトの保存
    ムービーメーカーで編集中のファイルを保存します。後からファイルを開いて、編集の続きを行ったり、再編集したりできます。
  • ムービーの保存
    他のパソコンやスマートフォンなどで再生可能な形式で保存します。

[ファイル]メニューを開いて、[名前を付けてプロジェクトを保存]を選択している画面イメージ

ムービーが完成したら、名前を付けてプロジェクトを保存します。[ファイル]メニューを開いたら、[名前を付けてプロジェクトを保存]を選択します。

次へ

保存先、ファイル名を指定して保存を実行している画面イメージ

保存先、ファイル名を指定して保存を実行します。このファイルは、後から開いて個別のクリップやBGMなどを再編集できます。

次へ

[ファイル]メニューの[ムービーの保存]を選択し、[コンピューター用]をクリックしている画面イメージ

続いて、[ファイル]メニューの[ムービーの保存]を選択し、[コンピューター用]をクリックすると、他のパソコンでも再生可能な形式で保存できます。その他、AndroidやiPhoneなどに対応した形式も指定できます。

次へ

ムービーの保存の画面イメージ

保存先、ファイル名を指定して、保存を実行します。画面は、[コンピューター用]を選択した場合です。

みんなで動画を楽しむには?

完成した動画は、みんなで見て楽しみましょう。パソコンにDVD作成アプリが入っているなら、「コンピューター用」を選んで保存したファイルをDVDに焼いて、遠くに住む両親や友達へ送って見てもらうことができます。

DVD作成用のアプリがない場合には、インターネット上の動画共有サイトを利用する方法もあります。例えばYouTubeなら、「限定公開」にして、URLを教えた人だけに見てもらうこともできます。実際にYoutubeで限定公開する方法を見てみましょう。

ムービーの解像度を指定している画面イメージ

[共有]メニューの[YouTube]をクリックして、ムービーの解像度を指定します。この後、Windows Liveのサインイン画面が表示される場合があります。

次へ

YouTubeのサインインの画面イメージ

YouTubeのユーザー名とパスワードを入力したら、[サインイン]ボタンをクリックします。Googleアカウントを持っているなら、そのまま利用できます。

次へ

YouTubeへのビデオのアップロードの画面イメージ

ムービーのタイトル、説明などを入力します。知り合いだけで見るなら、[許可]から[プライベート]を選択します。入力内容を確認して「アップロード」をクリックします。

次へ

アップロードが完了した画面イメージ

しばらく待つと、アップロードが完了します。友達にも見てもらうには、[動画の管理]をクリックして管理画面で[限定公開]を選択します。「動画のURL」をメールなどで教えてあげましょう。

まとめ

動画編集と聞くと、ちょっと難しい作業をイメージされるかもしれません。ですが、実際には無料のソフトを使って、誰でも簡単に編集することができます。そして、完成した作品は、インターネットを介して友達に見てもらうこともできます。友達とのパーティーをその場で編集してみんなに見せたり、子どもが運動会で活躍する姿を離れて住む両親に、その日のうちに見てもらったりすることができるのです。

Twitterで最新の更新情報やおすすめQ&A、アドバイスをお届けしています。