このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. パソコン活用 クローズアップ! >
  5. インターネットを見るアレ、もっと便利に使えます!〜Internet Explorer 11の便利な4つの機能〜(1/2)

「タブ」を有効活用しよう

IEの画面の上のほうに表示されている、ルーズリーフのインデックスのような形のものが「タブ」です。IE6までは、タブ機能がなかったため、複数のサイトを一度に見たい場合は、いくつものウィンドウを表示しなくてはなりませんでした。IE7以降は、このタブ機能を利用することで、1つのウィンドウの中にタブを使って、複数のサイトを開くことができるようになりました。表示するサイトは、タブをクリックすることで切り替えることができるので、価格を見比べたり、続き物の記事を読んだりするときにも役立ちます。

タブが上部に表示されている画面イメージ

タブは画面上部に表示されています。

新たにタブを開きたい場合は、タブの一番右端の何も書かれていない部分をクリックします。

一番右端の何も書かれていないタブをクリックしている画面イメージ

一番右端の何も書かれていないタブをクリックします。

次へ

新しいタブが開いた画面イメージ

新しいタブが開きました。

開いているタブを閉じたい場合は、タブの右端に表示されている[×](バツボタン)をクリックします。表示中ではないタブの場合は、マウスポインターを合わせると[×](バツボタン)が表示されます。

タブの右端の[×]をクリックしている画面イメージ

タブの右端の[×]をクリックします。

次へ

タブが閉じた画面イメージ

タブが閉じました。

複数のタブを開いている状態で、IEの[閉じる]ボタンをクリックした場合は、現在表示しているタブだけを閉じるか、すべてのタブを閉じ、IEを終了するかを選ぶことができます。

メッセージが表示されている画面イメージ

複数のタブが開いている状態で右上の[閉じる]ボタンをクリックすると、メッセージが表示され、現在表示しているタブだけを閉じるか、すべて閉じて終了するかを選べます。

リンク先を開くときの違い

サイトに設定されているリンクを開く際、右クリックして[新しいタブで開く]を選択すると、新しくタブが開き、そこにリンク先が表示されます。また、[新しいウィンドウで開く]を選択した場合は、新たなIEのウィンドウが立ち上がり、リンク先が表示されます。状況に応じて、どちらにするか選択しましょう。

新しいタブで開くか、新しいウィンドウで開くかを選択している画面イメージ

リンクを右クリックして、新しいタブで開くか、新しいウィンドウで開くかを選択できます。

なお、リンクを[Ctrl]キーを押しながらクリックすると、自動で新しいタブを開いて、読み込むことができます。覚えておくと便利ですね。

タブの色分け機能

リンクを新しいタブで開くと、タブに同じ色が付いて表示されます。関連したタブが同じ色になるので、一目でグループがわかるようになっています。タブをたくさん表示しているときや、どのページから開いたタブかわからなくなったときなどに便利な機能です。

リンクで開いたタブ同士、同じ色で色分けされている画面イメージ

リンクで開いたタブ同士、同じ色で色分けされます。