このページの本文へ移動

いつでも手軽にメモできるOneNote

Microsoft Office OneNote(以下、OneNote)は、さまざまなシーンで活用できるノートアプリです。例えば、連絡先をメモする、ビジネスなら、打ち合わせメモや議事録として活用できます。

また、写真を貼り付けてコメントをつけたり、インターネットで公開されているレシピの情報を貼り付けたりするなど、スクラップブックのように使うこともできます。

メモを書き込んでいる画面イメージ

備忘録代わりに、どんどん自由にメモを書き込めます。

写真を貼り付けて、コメントを書き込んでいる画面イメージ

スクラップブックのように写真を貼り付けて、コメントを書き込めます。

紙のノート感覚で自由な位置に書ける

OneNoteの特徴は、画面をクリック(またはタップ)して、自由な位置からメモ書きできることです。実際の紙のノートのような感覚で使うことができます。そして、特に保存の操作を実行しなくても、入力した情報はそのまま記録されていきます。

また、ペンもさまざまな種類から選ぶことができます。重要な情報は赤字で太く書いたり、マーカーで強調したりして、わかりやすくめとめられます。

さらに、アイデアやデザインは、そのままスケッチのように残すことができます。ペンで書いた手書き文字のメモは、テキストデータに変換することもできるのです。

文字入力をしている画面イメージ

OneNoteを起動したら、画面をクリックして、自由な位置から文字入力を開始できます。

次へ

「描画」タブをクリックしている画面イメージ

「描画」タブで、ペンの種類を選択できます。

次へ

手書き文字を入力している画面イメージ

タッチ操作やマウスのドラッグで、自由な線を引いて、手書き文字の入力も可能です。

次へ

「描画」タブの「インクからテキスト」をクリックしている画面イメージ

手書き文字をテキスト変換できます。「描画」タブの「インクからテキスト」をクリックします。

次へ

テキストに変換された画面イメージ

テキストに変換されました。テキストデータなら、コピーしてメールソフトに貼り付けて送信することなどもできます。