このページの本文へ移動

こんにちは。サポート担当の木村です。
毎日お客様から困ったこと、わからないことのご相談をお受けしています。
そんなご相談の中でも、私たちサポート担当者が心を痛めているのはお客様が大切なデータを失ってしまうことです。


以前、こんなお客様からのご相談をお受けしました。

お子様が誕生されたときからの思い出の写真がたくさん入ったパソコンが起動しなくなったというものでした。まったくバックアップ(※1)は取っていなかったそうです。いろいろアドバイスしましたがパソコンは起動せず、リカバリ(※2)をすることになりました。
残念ながら、パソコンに入っていた写真は消えてしまいました。(※3 ※4)


大切なデータを失ったお客様は他にもたくさんいらっしゃいます。
そんなお客様のサポート事例をご覧ください。


お客様がデータを失った実話を読む!

私たちサポート担当者はお客様にそのような思いをしていただきたくありません。
でも、私たちにできることはバックアップの重要さを伝えることだけです。
お客様のデータはお客様ご自身で守っていただくより他に方法がないのです。

このページは、バックアップの重要性について記載しています。
これを機にバックアップについて学び、定期的なバックアップを習慣にして大切なデータを守っていただくことがサポートからのお願いです。

※1 バックアップとは…
データなどが破損・消失した場合や、何らかの事情でパソコンが起動できなくなった場合などに備えて、同じデータを他の場所やメディアに保存しておくことです。

※2 リカバリとは…
パソコンの調子が悪いときに、購入時に添付されているリカバリディスクもしくはパソコンの中にあるリカバリデータを使用してご購入時の状態に戻すことです。メールやネットワークなどの設定内容や、作成した文書や写真などのデータは全てなくなります。販売店などのセットアップ済みのパソコンをご購入の場合、その設定も失われます。

※3 機種によってはWindowsが正常に起動しないときでも、CドライブのデータをDドライブにバックアップできる「かんたんバックアップレスキュー」もしくは「かんたんバックアップレスキューLight」が用意されている場合があります。ただし、パソコンの状況によってはバックアップできない場合や、バックアップできても、復元できない場合があります。

※4 起動しなくなったパソコンからデータをバックアップするPCデータ復旧サービスによりバックアップできる場合もございます。ご相談ください。



1.バックアップを学ぼう!

まず、このアニメーション(7分間)でお客様の大切なデータも、似たような危険にさらされていないかチェックしてみましょう。


アニメーションを見る

大切なデータはマメにバックアップすることが必要です。

毎月、第一日曜はバックアップの日などご自身で決めて定期的にバックアップしましょう!

すぐにバックアップを始める場合は、次のページを参考にしてください。


2.バックアップアプリでもしもに備えよう!

パソコンが問題なく動いている今、すぐにしていただきたいことがあります。それはCドライブの状態をまるごと保存することです。プレインストールソフトのバックアップアプリ(※5)で保存できます。

※5 2011年冬モデル以降は、バックアップナビを搭載しています。
2005年秋冬モデル〜2011年夏モデルにはマイリカバリを搭載しています。

パソコンに不測の事態が起こったとき、苦労してやっと使えるようにしたインターネット環境の設定、メールソフトの設定…その設定さえも失われることがあります。バックアップアプリはハードディスク(Cドライブ※6)をまるごと保存することで、設定などをトラブルが起こる前の状態に戻すことができるのです。

※6 インターネットやメールソフトの設定はほとんどの場合Cドライブに保存されています。

そして、まるごと保存したものを、さらに外付けハードディスクやDVDなどお使いのパソコン以外の場所(※7)に保存しておきましょう。

※7 ハードディスク自体の故障を考え、お使いのパソコン以外の場所に保存することをお勧めします。

パソコンが快適に動いている今、バックアップアプリを起動して不測の事態に備えましょう!


その他、サポートがオススメするパソコンの使い方

バックアップの他にも、フィルタリング利用のススメ、セキュリティ対策のススメなど、パソコンの使い方を提案していますので、参考までにご覧ください。