1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. パソコンの賢い買い替えテクニック 古いパソコンの処分&乗り換え術
サイト共通ヘッダです。 ここから本文です

パソコンの賢い買い替えテクニック 古いパソコンの処分&乗り換え術

廃棄する場合はPCリサイクルマークの有無を確認

2003年10月、「PCリサイクル法(資源有効利用促進法)」でパソコンはリサイクル対象品に指定されたため、粗大ゴミ扱いなどで廃棄することができなくなりました。FMVシリーズでは、2003年10月以降に発売されたモデルのすべてに、PCリサイクルマークのロゴが付いています(写真1)。このロゴが付いているFMVは、PCリサイクル料金込みの価格で販売されています。そのため廃棄時にユーザーがリサイクル料金を新たに負担する必要はありません。

また、2003年10月以前に販売された古いFMVを処分するときには、PCリサイクル料金(回収再資源化料金)が別途必要になります。どちらの場合でも、「富士通パソコンリサイクル受付センター」で受け付けています(画面5)。

写真1 「PCリサイクルマーク」はFMV本体に貼ってあるシール部分に表記

写真1
「PCリサイクルマーク」は、FMV本体に貼ってあるシール部分に表記されている

画面5 「富士通パソコンリサイクル受付センター」画面

画面5
古いFMVの廃棄は「富士通パソコンリサイクル受付センター」で受け付けてくれる。ただし、この場合はPCリサイクル料金を負担する必要がある

表1 PCリサイクル料金表
パソコン/ディスプレイ PCリサイクル料金(回収再資源化料金)
デスクトップパソコン本体 3,150円(税込)
ノートパソコン 3,150円(税込)
液晶ディスプレイ/液晶一体型パソコン 3,150円(税込)
CRTディスプレイ 4,200円(税込)

古いパソコンからデータの引っ越しを簡単に行う方法

古いパソコンを下取りに出したり、廃棄したりする場合に必要となるのが、これまで使っていたパソコンからのデータのお引っ越しです。新しいパソコンをまっさらな環境で使いたい場合は別ですが、一般的には文書データやデジタルカメラの撮影データ、さらには年賀状用に保存してある住所録や電話番号など、いままで使っていたデータはすぐに新しいパソコンでそのまま使いたいものです。

文書データやデジタルカメラの撮影データであれば、単純にCD-Rなどに書き込んで、新しいパソコンにコピーする方法が簡単です。この場合のポイントは、たとえばWordやExcelで作ったファイルであれば、いままでと同じ保存用フォルダを作成し、新しいパソコンでも同じ環境で使えるようにすることです。「マイドキュメント」に保存していたのであれば、CD-Rなどを使って新しいパソコンの「マイドキュメント」にコピーしてしまえば、新しいパソコンでデータの置き場所を考えたり、あとから探したりする手間が省けます。

デジタルカメラの撮影データは、画像管理ソフトを使っていたのであれば、新しいパソコンにも同じソフトをインストールして、いままでと同じフォルダごとコピーすると使いやすくなります。

●データのお引っ越しに便利な周辺機器やソフトのご購入についてはこちら!

ホームネットワークを使うともっと簡単

CD-Rなどにデータを移す方法は、いざというときのバックアップも兼ねることになるので、手軽で確実な方法だといえます。そのほかにも、ルータやホームネットワークサーバーなどが利用できる環境であれば、LAN経由で古いパソコンから新しいパソコンにデータをコピーすることもできます。

この場合は古いパソコン側でドライブやフォルダの共有設定をして、LAN経由で新しいパソコンから操作できるようにします(画面6)。共有設定をしても、セキュリティソフトのファイアウォール機能などによって通信が遮断される場合は、一時的にOFFにして開放する必要があります。その場合、新しいパソコン側のセキュリティ設定は通常のままでOKです。こうすることで、新しいパソコン側から手軽に古いパソコン側のデータをコピーすることが可能となります(画面7)。

画面6 古いパソコン側でドライブやフォルダの共有設定画面

写真6
ネットワーク上で共有できるようにしておけば、LAN上にあるほかのパソコンから簡単にコピーできる

画面7 「ファイルの変更を許可する」設定し、2台のパソコン間でデータのコピーや削除が可能になった

画面7
「ファイルの変更を許可する」設定にしておけば、2台のパソコン間で画像やテキストデータを自由にコピーしたり削除することが可能となる


(文:板橋 弘道)