1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. Windows Vista 快適活用講座 >
  5. 文章の入力がもっと快適になる文字変換テクニック
サイト共通ヘッダーです。 ここから本文です

文章の入力がもっと快適になる文字変換テクニック

ATOKでさらに快適な日本語入力を実現

日本語入力システムには、Windowsに標準で用意されているMS-IME以外にもいくつか存在します。なかでも、代表的な日本語入力システムとして有名なのが、ジャストシステムの「ATOK(エイトック)」シリーズです。最新版のATOK 2009 for Windowsでは、変換精度をさらに高め、入力支援・校正支援機能の向上、英語入力支援機能の追加など、パワーアップが図られています。MS-IMEの日本語入力機能に満足していない方やもっと高度な日本語入力機能を利用したい方はATOKの導入を検討してみてもいいでしょう。

連想変換で広がる表現力

文章を作成していて同じ言葉の言い回しが続くなどで、思うような表現がみつからないような場合に便利な機能が、ATOK 2009の「連想変換」です。ATOKに標準搭載されている日本語使いさばき辞典を基に、入力した日本語から連想される語句の候補を一覧表示することができます。

1
日本語を入力して変換した際に、連想変換が可能な場合で「【○○】の連想変換:Ctrl+Tab」とツールチップが表示されている画面イメージ
日本語を入力して変換した際に、連想変換が可能な場合には「【○○】の連想変換:Ctrl+Tab」とツールチップが表示されます。

2
Ctrl キーと Tab キーを同時に押し、入力した日本語から連想される変換候補の一覧が表示された画面イメージ(クリックして拡大)
CtrlキーとTabキーを同時に押すと、入力した日本語から連想される変換候補の一覧が表示されます。

入力支援機能で間違いをチェック

慣用句や四字熟語、カタカナ語、敬語などがあやふやなことがあります。そういったときに助けてくれる機能が「校正支援機能」です。

日本語を誤って入力した画面イメージ

誤って日本語を変換した場合に、ShiftキーとEnterキーを同時に押すことで校正支援機能により正しい語句にそのまま変換している画面イメージ

日本語が正しい語句にそのまま変換された画面イメージ

日本語を変換し、それが誤っている場合には、校正支援機能により指摘されます。正しく日本語を入力する場合は、読みを打ち直して変換し直さなくてもShiftキーとEnterキーを同時に押すことで正しい語句にそのまま変換できます。


Home キーを押し、敬語の誤りについての詳細な解説を表示しようとしている画面イメージ
敬語の誤りについては、Homeキーを押すと詳細な解説が表示されます。

敬語の誤りについての詳細な解説が表示されている画面イメージ

お勧め日本語入力システム

変換エンジン「ATOKハイブリッドコア」の向上により、日本語変換精度が向上したATOK 2009 for Windows。新たに「英語入力支援機能 ATOK 4E(for E)」を搭載し、英語もかしこく変換できます。「会社四季報 企業名変換辞書 for ATOK」「『説得できる英文Eメール200の鉄則』文例」「明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典 /R.3 for ATOK」「ロングマン英英/英和辞典 for ATOK」を収録したプレミアム版もあります。

ATOK 2009 for Windows

ATOK 2009 for Windows のイメージ画像

購入・詳細についてはこちら

ATOK 2009 for Windows[プレミアム]

ATOK 2009 for Windows[プレミアム] のイメージ画像

購入・詳細についてはこちら

変換エンジン「ATOKハイブリッドコア」の向上により、日本語変換精度が向上したATOK 2009 for Windows。新たに「英語入力支援機能 ATOK 4E(for E)」を搭載し、英語もかしこく変換できます。「会社四季報 企業名変換辞書 for ATOK」「『説得できる英文Eメール200の鉄則』文例」「明鏡国語辞典・ジーニアス英和/和英辞典 /R.3 for ATOK」「ロングマン英英/英和辞典 for ATOK」を収録したプレミアム版もあります。