1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. Windows Vista 快適活用講座 >
  5. ユーザーアカウントでプライバシーを守ってパソコンを共有しよう
サイト共通ヘッダーです。 ここから本文です

ユーザーアカウントでプライバシーを守ってパソコンを共有しよう

ユーザーアカウントを設定しよう

家族にユーザーアカウントを割り当ててパソコンを使い分けられるようにするため、新しいユーザーアカウントを作成する手順を紹介します。なお、以下の手順はWindows Vistaでの方法になります。Windows XPでの手順については下記を参照してください。

Q&A [Windows XP] ユーザーアカウントを追加/設定変更する方法を教えてください。

注:ユーザーアカウントを追加する場合は、「コンピュータの管理者」でログオンしてください。

ユーザーアカウントの作成

1
コントロールパネルから「ユーザーアカウントの追加または削除」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
スタートメニューから「コントロールパネル」をクリックし、コントロールパネルを表示します。コントロールパネルから「ユーザーアカウントの追加または削除」をクリックします。「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は「続行」をクリックします。

2
現在作成されているユーザーアカウントの一覧表示画面から、「新しいアカウントの作成」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
現在作成されているユーザーアカウントの一覧が表示されるので、「新しいアカウントの作成」をクリックします。

3
「新しいアカウント名」欄に、新しく作成するユーザーアカウント名を入力し、ユーザーアカウントの種類は「標準ユーザー」を選択して「アカウントの作成」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
「新しいアカウント名」欄に、新しく作成するユーザーアカウント名を入力します。次に、「標準ユーザー」または「管理者」のいずれかをクリックして、ユーザーアカウントの種類を選択します。標準ユーザーはセキュリティに関する一部の操作に制限がありますが、管理者はセキュリティ関係を含めすべての操作が可能です。パソコンを管理している利用者以外は標準ユーザーを選択するといいでしょう。ユーザーアカウント名と種類を設定したら「アカウントの作成」をクリックします。

4
ユーザーアカウントが作成され、ユーザーアカウントの一覧画面に戻った画面イメージ
ユーザーアカウントが作成され、ユーザーアカウントの一覧画面に戻ります。

ユーザーアカウントの設定

ユーザーアカウントの一覧画面で作成したアカウントをクリックしている画面イメージ

ユーザーアカウントの一覧画面で作成したアカウントをクリックします。

パスワードの作成

ユーザーアカウントにパスワードを設定することで、他の利用者にユーザーアカウントを使用されないようにできます。

ユーザーアカウントの変更画面で「パスワードの作成」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
ユーザーアカウントの変更画面で「パスワードの作成」をクリックします。

「新しいパスワード」欄と「新しいパスワードの確認」欄に、好きなパスワードを入力し、パスワードを忘れてしまったときのために「パスワードのヒントの入力」欄にパスワードを思い出すためのヒントを入力します。その後「パスワードの作成」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
「新しいパスワード」欄と「新しいパスワードの確認」欄に、好きなパスワードを入力し、パスワードを忘れてしまったときのために「パスワードのヒントの入力」欄にパスワードを思い出すためのヒントを入力します。入力が終わったら「パスワードの作成」をクリックします。

画像の変更

画像の変更では、起動時のようこそ画面とスタートメニューに表示する画像を変更できます。

ユーザーアカウントの変更画面で「画像の変更」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
ユーザーアカウントの変更画面で「画像の変更」をクリックします

変更したい画像を画面下の一覧からクリックして選択し、「画像の変更」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
変更したい画像を画面下の一覧からクリックして選択し、「画像の変更」をクリックします。

ユーザーアカウントの切り替え

新しいユーザーアカウントの設定が完了しました。これで、そのユーザーアカウント利用者の環境でWindowsを使えるようになったので、早速ログオンしてみましょう。

1
スタートメニューからロックボタンの右横にある三角の矢印をクリックし、「ログオフ」をクリックしている画面イメージ
まず、現在利用しているユーザーアカウントをログオフします。スタートメニューからロックボタンの右横にある三角の矢印をクリックし、「ログオフ」をクリックします。

2
ユーザーアカウントの選択画面から、ログオンしたいユーザーアカウント名をクリックしている画面イメージ
ユーザーアカウントの選択画面が表示されるので、ログオンしたいユーザーアカウント名をクリックします。

3
パスワード入力画面で、パスワードを入力して、そのユーザーアカウントでログオンしている画面イメージ
パスワード入力画面が表示されるので、パスワードを入力すると、そのユーザーアカウントでログオンできます。

4
新たに作成したユーザーアカウントでログオンして、ログオフした元のユーザーアカウントとは別の環境でWindowsを利用している画面イメージ(クリックして拡大)
新たに作成したユーザーアカウントでログオンしました。これで、ログオフした元のユーザーアカウントとは別の環境でWindowsを利用できます。

みんなが利用するファイルはどこに置く?

特定のファイルやフォルダをみんなで共有出来る「パブリックフォルダ」(Windows XPでは「共有ドキュメントフォルダ」)を表示しているイメージ画像

ユーザーアカウントを設定してそれぞれの環境でパソコンを利用できたとしても、例えば「家族旅行の写真はだれでも見たい」というように、特定のファイルやフォルダをみんなで共有したい場合もあります。そんなときには「パブリックフォルダ」(Windows XPでは「共有ドキュメントフォルダ」)を利用しましょう。

パブリックフォルダは、同じパソコンを利用しているユーザーなら誰でも開くことができるので、別のユーザーにファイルを渡したり、みんなで利用するファイルを保存したりするのに適しています。