1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. Windows Vista 快適活用講座 >
  5. ユーザーアカウントでプライバシーを守ってパソコンを共有しよう
サイト共通ヘッダーです。 ここから本文です

ユーザーアカウントでプライバシーを守ってパソコンを共有しよう

保護者による制限で安心感を持って使おう

Windows Vistaでは、作成したユーザーアカウントに保護者が制限をかけて好ましくないホームページの閲覧やパソコンの利用時間、ゲームのプレイ時間などを制限することができます。有害サイトへのアクセスやゲームのやり過ぎなどを防ぐことができるので、安心して子どもにパソコンを使わせることができます。

1
コントロールパネルの「任意のユーザーへの保護者による制限のセットアップ」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
スタートメニューから「コントロールパネル」をクリックし、コントロールパネルを表示します。コントロールパネルから「任意のユーザーへの保護者による制限のセットアップ」をクリックします。「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は「続行」をクリックします。

2
保護者による制限をかけたいアカウント名をクリックしている画面イメージ
保護者による制限をかけたいアカウント名をクリックします。

3
「有効、現在の設定を強制します」をクリックして選択し、「OK」をクリックすることで、ユーザーアカウントに制限をかけている画面イメージ(クリックして拡大)
「有効、現在の設定を強制します」をクリックして選択し、「OK」をクリックすることで、ユーザーアカウントに制限をかけることができます。

4
「Windows Vista Webフィルタ」「時間制限」「ゲーム」「特定のプログラムを許可または禁止します」を選択すると、制限するアカウントに対してさらに細かい制限内容を設定が出来る画面イメージ(クリックして拡大)
「Windows Vista Webフィルタ」「時間制限」「ゲーム」「特定のプログラムを許可または禁止します」をそれぞれクリックすることで、制限するアカウントに対してさらに細かい制限内容を設定することが可能です。

Windows Vista Webフィルタ

「Windows Vista Webフィルタ」では、好ましくないホームページの閲覧やファイルのダウンロードなどに関して制限できます。

閲覧させたくないホームページは、「Webの制限レベルを選択してください」で制限するレベルを選択。「カスタム」ではジャンルごとに細かく指定できます。ダウンロードさせたくない場合には「ダウンロードを禁止します」にチェックを入れます。全ての設定が終えて「OK」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

閲覧させたくないホームページについては、「Webの制限レベルを選択してください」で制限するレベルを選択できます。「カスタム」をクリックすると、ジャンルごとに細かく指定できます。また、ダウンロードさせたくない場合には「ダウンロードを禁止します」にチェックを入れます。設定が終わったら「OK」をクリックします。

時間制限

「時間制限」では、パソコンを利用できる時間帯を設定できます。親がいないときに子どもにパソコンを利用させたくない場合などに利用すると便利です。

マス目をクリックしてドラッグすると、マス目の色が変わるので、使用を禁止したい時間帯が青くなるように設定して、「OK」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

マス目をクリックしてドラッグすると、マス目の色が変わるので、使用を禁止したい時間帯が青くなるように設定します。設定が終わったら「OK」をクリックします。

ゲーム

「ゲーム」では、ゲームの種類やレーティングなどを設定することで、プレイできるゲームを制限できます。

「ゲームレーティングを設定」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
ゲームのレーティングによってゲームを制限するには「ゲームレーティングを設定」をクリックします。

レーティングがないゲームについては「レーティングのないゲームを許可する」「レーティングのないゲームを禁止する」のいずれかをクリックして選択します。レーティングのあるゲームについては、プレイを許可するレーティングをクリックして選択します。設定を終えて「OK」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
レーティングがないゲームについては「レーティングのないゲームを許可する」「レーティングのないゲームを禁止する」のいずれかをクリックして選択します。レーティングのあるゲームについては、プレイを許可するレーティングをクリックして選択します。設定が終わったら「OK」をクリックします。

特定のプログラムを許可または禁止します

「特定のプログラムを許可または禁止します」では、そのアカウントで使用できるプログラムを任意に指定することが可能です。例えば、子どもにビジネス用のプログラムを使わせたくない場合に、そのプログラムの使用を禁止させることができます。

「(アカウント名)は許可されたプログラムのみ使用してもよい」をクリックして選択すると、使用できるプログラムの一覧が表示されるので、許可するプログラムにチェックを入れて「OK」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

特定のプログラムだけ使用させたい場合には、「(アカウント名)は許可されたプログラムのみ使用してもよい」をクリックして選択します。使用できるプログラムの一覧が表示されるので、許可するプログラムにチェックを入れて「OK」をクリックします。