1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. 年賀状作成ソフトを日常生活に役立てよう
サイト共通ヘッダーです。 ここから本文です

年賀状作成ソフトを日常生活に役立てよう

住所録を1年中活用しよう

年賀状作成ソフトは、住所録の作成や管理を簡単に行うことができるのも特長です。さらにセキュリティ機能も搭載されているので、年賀状シーズンにだけ宛名印刷に住所録を利用するのではなく、プライベートからビジネスまで幅広く住所録の管理に役立ててみてはいかがでしょうか。ここでは筆まめを利用して、年賀状の宛名印刷以外に住所録を活用する方法を紹介します。

エクセルで作成した住所録を筆まめで編集・管理

住所をエクセルで管理しているという方は多いかと思います。でも、もしエクセルよりももっと簡単に住所録を作成したいと思った場合には、年賀状作成ソフトを利用してみることをお勧めします。住所入力のための補助機能が用意されているので、住所録の作成が簡単になります。

すでにエクセルで住所録を作成している場合でも、住所録のデータを筆まめに読み込んで管理することが可能です。また、エクセルから取り込んだ住所録を筆まめで編集・管理し、それを再びエクセルで利用することもできるので、今までのデータは無駄になりません。

1
エクセルで作成した住所録の画面イメージ(クリックして拡大)
エクセルで作成したこのような住所録を筆まめに読み込んでみることにします。

2
「ファイル」メニューから「他の住所録形式の読み込み」をクリックしている画面イメージ
「ファイル」メニューから「他の住所録形式の読み込み」をクリックします。

3
「他の住所録形式の読み込み」画面で、読み込むファイル形式をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
「他の住所録形式の読み込み」画面で、読み込むファイル形式をクリックします。

4
読み込むファイルを選択して「開く」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
読み込むファイルを選択して「開く」をクリックします。読み込むファイルに複数のシートがある場合はさらにシートの選択画面が表示されるので、シートを選択して「次へ」をクリックします。

5
「割り付け」の項目をダブルクリックし、該当する項目を選択、「最初の1 件を除外」にチェックを入れ、「次へ」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

5
割り付け画面で該当する項目をクリックしている画面イメージ

エクセルで作成した住所録のデータを筆まめの項目に割り付けます。「割り付け」に読み込む対象のデータが項目ごとに表示されるので、「筆まめの項目」を確認しながら割り付けていきます。「割り付け」の項目をダブルクリックすると、割り付け画面が表示されるので、該当する項目をクリックします。なお、エクセルで1行目を見出しとして利用していた場合は「最初の1件を除外」にチェックを入れます。「次へ」をクリックします。

6
「開始」をクリックし、エクセルの住所録が読み込まれ、筆まめ形式の住所録に変換されている画面イメージ(クリックして拡大)
「開始」をクリックすると、エクセルの住所録が読み込まれ、筆まめ形式の住所録に変換されます。

7
住所録を保存するために、「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」をクリックしている画面イメージ
住所録を保存するには、「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」をクリックします。

8
「名前を付けて保存」画面が表示され、ファイル名を入力して「保存」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
「名前を付けて保存」画面が表示されるので、ファイル名を入力して「保存」をクリックします。

9
作成した筆まめの住所録を他のソフトで利用するために、「ファイル」メニューから「他の住所録形式で保存」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
なお、作成した筆まめの住所録を他のソフトで利用したい場合は、「ファイル」メニューから「他の住所録形式で保存」をクリックします。「他の住所録形式で保存」画面が表示されるので、変換するファイル形式を選択して、メッセージに従って進めていきます。エクセルで利用したい場合は「区切り文字形式ファイル」を選択するといいでしょう。

筆まめを使ってタックシール印刷に挑戦

タックシールに宛名を印刷する場合、用紙に合わせてレイアウトしたつもりでも印刷位置がずれたり、差し込み印刷の設定が面倒だったりと、意外と大変です。しかし、筆まめの住所録を利用すれば、誰でも手軽にタックシールに宛名を印刷できます。

1
「住所録」をクリックして「宛名面の作成」をクリックしている画面イメージ
「住所録」をクリックして「宛名面の作成」をクリックします。

2
「宛名面の作成」画面が表示され、「タック紙」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
「宛名面の作成」画面が表示されます。「タック紙」をクリックします。

3
印刷に使用するタック紙の種類を選択して「次へ」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
印刷に使用するタック紙の種類を選択して「次へ」をクリックします。

4
「住所録を開く」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
「住所録を開く」をクリックします。

5
「開く」画面が表示され、住所録を選択して「開く」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
「開く」画面が表示されるので、住所録を選択して「開く」をクリックします。

6
タックシールを印刷するために、「印刷」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
タックシールに印刷する準備が整いました。タックシールを印刷するには「印刷」をクリックします。

7
「宛名印刷」画面で「印刷範囲」の「すべて」をチェックし、「印刷開始」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)
「宛名印刷」画面で「印刷範囲」の「すべて」をチェックし、「印刷開始」をクリックします。