1. ホーム >
  2. FMVサポート >
  3. Q&A・パソコン活用情報をコーナーから探す >
  4. マウスやタッチパッドをより使いやすく!
サイト共通ヘッダーです。 ここから本文です

マウスやタッチパッドをより使いやすく!

マウスやタッチパッドの操作で困っているなら……

マウスやタッチパッドの操作で困っていることはありませんか?ここでは、マウスやタッチパッドの悩みを解決する方法を紹介します。

左利きなのでマウスが使いづらい

マウスやタッチパッドは、右利きを前提に設計されています。そこで、左利きの人はマウスのボタンを入れ替えてみましょう。

「マウスのプロパティ」画面で「ボタン」タブをクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

「マウスのプロパティ」画面で「ボタン」タブをクリックします。マウスボタンの左右を入れ替えるには「USBマウスの右と左のボタン機能を交換する」にチェックして「OK」をクリックします。タッチパッドのボタンを入れ替えるには「ボタン設定」欄の「左ボタン」「右ボタン」のプルダウンメニューから機能を選択して「OK」をクリックします。

ダブルクリックがうまくいかない

ファイルやフォルダーをダブルクリックしてもなかなかうまくいかない場合があります。そんなときはダブルクリックの速度を見直してみましょう。

「ダブルクリック速度」欄で、「テスト」の下にあるイラスト部分をダブルクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

手始めにダブルクリックの速度をテストしてみます。「マウスのプロパティ」画面の「ボタン」タブにある「ダブルクリック速度」欄で、「テスト」の下にあるイラスト部分をダブルクリックします。イルカが表示されれば、現在設定されているダブルクリック速度で問題ありません。

設定を変更して「OK」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

イルカの絵が表示されない場合は、下にあるスライダーを左右に調節します。再度、イラスト部分をダブルクリックしてイルカが表示されればOKです。設定を変更した場合は「OK」をクリックします。

マウスポインターを見失ってしまう

キーボードで文章を入力しているときなど、マウスポインターを見失ってしまうことがあります。そんなときでもマウスポインターをみつける方法が用意されています。

Ctrlキーを押したときにマウスポインターの位置に円を表示している画面イメージ(クリックして拡大)

「マウスのプロパティ」画面で「ボタン」タブの「表示」欄にある「Ctrlキーを押すとポインターの位置を表示する」をチェックして「OK」をクリックします。すると、Ctrlキーを押したときにマウスポインターの位置に円が表示されるようになります。

タッチパッドで誤クリックを防ぐには

ノートパソコンのタッチパッドには、マウスのクリックやダブルクリックなどに相当する機能として、パッド部分をたたくタッピングという機能が用意されています。とても便利な機能なのですが、うっかりパッド部分を触ってしまい、それがタッピングとして認識されてしまうことがあります。それを防ぐためにタッピングの機能を無効にできます。

「タッピング」タブをクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

「マウスのプロパティ」画面で「タッピング」タブをクリックします。

「タッピング」のチェックを外して「OK」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

「タッピング」のチェックを外して「OK」をクリックします。これでタッピング機能をを無効にできます。

文字入力でカーソルが飛んでしまう

文字入力しているときに、タッチパッドに手が触れてマウスポインターが飛んでしまったり、誤クリックしてしまい困っているけれど、タッピング機能自体は無効にしたくないという場合でも、使用状況に合わせてタッピングするかどうかの設定が可能です。

「タイピング」欄にある「キー入力時タップしない」にチェックして「OK」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

「マウスのプロパティ」画面の「タッピング」タブで「タイピング」欄にある「キー入力時タップしない」にチェックして「OK」をクリックします。これでキーボードで文字入力している際にタッピング機能が無効になります。

タッチパッドを使わないので無効にしたい

いつもマウスを使うのでタッチパッドは必要ないという場合には、タッチパッド自体を無効にできます。

「自動的にタッチパッドを無効にする」をクリックして「OK」をクリックしている画面イメージ(クリックして拡大)

「マウスのプロパティ」画面で「USBマウス接続時の動作」タブをクリックします。マウスを接続しているときだけタッチパッドを無効にするには、「USBマウスとタッチパッド」欄にある「自動的にタッチパッドを無効にする」をクリックして「OK」をクリックします。

キーボードのFnキーを押しながらF4キーを押すことで、画面に「Internal pointing device: Disable」と表示され、タッチパッドを無効にできます。もう一度キーボードのFnキーを押しながらF4キーを押すと、「Internal pointing device: Enable」と表示され、タッチパッドは有効になります。

この方法でタッチパッドを無効にした場合は、パソコンを再起動するとタッチパッドは有効になります。また、「マウスのプロパティ」画面の「USBマウス接続時の動作」タブで「自動的にタッチパッドを無効にする」に設定している場合は、タッチパッドの有効/無効の切り替えを行うことはできません。