このページの本文へ移動

本ページは、Windows 7を使用して説明しています。その他のOSでは一部手順が異なる場合があります。

「今日花屋でバラを買った」と入力するつもりだったのに、「今日は納屋でバラを買った」と変換されることがあります。また、「聞く」と「効く」を間違えるなど、誤った変換に後で気づくことがあります。

文節区切りの修正や再変換の方法をマスターしておきましょう。漢字変換がさらにスムーズになります。

文節の区切りを変更するには?

文節は、文章の小さな区切りです。「きょうはなやでばらをかった」は、「きょう/はなやで/ばらを/かった」のように区切られます。ところが、「きょうは/なやで/ばらを/かった」のように区切ると、別の変換結果になります。以下の方法で、文節区切りを修正してみましょう。

変換候補を選択し直す

「きょうはなやでばらをかった」と入力している画面イメージ

「きょうはなやでばらをかった」と入力して[スペース]キーを押して変換します。

次へ

「今日は」で文節が区切られている画面イメージ

本来の意図とはちがい、「今日は」で文節が区切られてしまったため、不自然な文章になってしまいました。

次へ

変換候補一覧を表示している画面イメージ

もう一度、[スペース]キーを押して、変換候補一覧を表示させます。

次へ

文節の区切りが「今日」に変わって、「は納屋で」は「花屋で」に変換されている画面イメージ

[0]を選択すると文節の区切りが「今日」に変わって、「は納屋で」は「花屋で」に変換されます。

(注)表示される変換候補は、使用されているIMEの学習状況によって異なる場合があります。

[Shift]キーを使って文節の区切りを変更する

「きょうはなやでばらをかった」を「今日は納屋でバラを買った」に変換している画面イメージ

「きょうはなやでばらをかった」が「今日は納屋でバラを買った」に変換されます。

次へ

文節の区切りが「きょう」になっている画面イメージ

[Shift]キーを押しながら[←]キーを押すと、文節の区切りが「きょう」になります。

次へ

[スペース]キーを押して「今日」に変換、「は納屋で」は「花屋で」に変換している画面イメージ

[スペース]キーを押して「今日」に変換します。「は納屋で」は「花屋で」に変換されます。

一度確定した文字を再変換して修正できる

入力し終わった文章を読み返していたら、漢字を間違えているのに気づくことがあります。こんなときには、「間違えた箇所の削除→再入力→変換」という作業をしなくも、簡単に再変換して修正できるテクニックがあります。

入力した文章の変換・確定をした後の画面イメージ

一度、変換・確定をした後で、「効く」と「聞く」を間違えたのに気づきました。

次へ

表示された変換候補の中から正しいものを選択している画面イメージ

「効く」の文字を選択して、[スペース]キーのとなりにある[変換]キーを押します。表示された変換候補の中から正しいものを選択します。

(注)再変換の機能は、ソフトウェアによっては、対応していない場合があります。

文節の区切りをマスターして修正作業をスムーズに

思い通りに変換できないときには、文節を区切り直してみてください。また、再変換の方法を覚えておけば、文章の修正作業がスムーズになります。